レッスン「US版 Golf Digest」と契約する有名プロのゴルフレッスン

LAST THOUGHT BEFORE DRIVING

ブッチ・ハーモンが教える、ティーショット前の心構え

緊張していると、時にバックスイングが速く短くなる。1番のティーグラウンドやティーショットを打つときに緊張するようなら、トップまでしっかりとリズミカルな動きをすることに集中しよう。打つ前はボールはどこにも行ったりしないのだ! だから、バックスイングにはしっかりと時間を取るようにすればいいのだ。

◆ハリを感じている?   肩をビハインド・ザ・ボールになるまでターンさせる

緊張していると、時にバックスイングが速く短くなる。そのような動きからリカバーするのはタフだ。もし、1番のティーグラウンドやティーショットを打つのが難しい状況で緊張するようなら、トップまでしっかりとリズミカルな動きをすることに集中しよう。そして、十分な柔軟性がなくても、肩をビハインド・ザ・ボールになるまでターンさせる心構えが重要(写真左)。こうすることで右サイドに体重が乗り、ダウンスイングで左サイドにシフトすることが可能になる。(打つ前は)ボールはどこにも行ったりしないのだ。だから、バックスイングにはしっかりと時間を取るようにしよう。

◆ セットアップ時の一番のカギ

プレッシャーがかかった場面では、アドレスで固まりグリップもガチガチになる。そんな時は指と足を動かし続けるとよくなるだろう。クラブをワッグルさせるのだ。動きがロックされると、よりナーバスになることだろう。

  1. 1
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  2. 2
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  3. 3
    コラム
    2014/05/15

    「2時間待ってでも打ちたい」まったく新しいゴ…

  4. 4
    コラム
    2014/02/20

    世界のトップサーファーが、ゴルフでリラックス…

  5. 5
    レッスン
    2013/10/24

    達人たちに学ぶ アイアンショットの秘訣

  6. 6
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショットロ…

  7. 7
    コラム
    2014/06/26

    静かなゴルフはもう古い!?ロックを聴きながら…

  8. 8
    レッスン
    2013/06/27

    アダムスコットのアプローチ 

  9. 9
    コラム
    2014/06/12

    世界で一番“奇妙”な男たち

  10. 10
    コラム
    2012/08/14

    料理用スプレーで簡単に飛距離を伸ばす!? マ…