COURSE NAVI一度は訪れる価値のある感動のコースをピックアップ

800コースをプレーしたGDO営業マンがこっそり教える

隠れた日本の名コース 三田ゴルフクラブ

ゴルフダイジェスト・オンラインのゴルフ場営業、江ケ崎忠晴は北海道から沖縄まで全国で700コース以上、海外を含めると800コースをプレーした経験の持ち主。プレーヤー目線でコースを見る目だけは誰にも負けないと自負する彼が、ゴルファーにあまり知られていない名コースを紹介していく。今回は80年以上の歴史がある兵庫県の三田ゴルフクラブだ。

800コースを制覇したGDO営業第1号 江ケ崎忠晴

PROFILE

江ケ崎忠晴(えがさきだだはる)48歳

留学期間中にゴルフをしたことをきっかけにコース撮影、記録集めが趣味になり、ゴルフ場制覇に目覚める。2001年、ゴルフ場営業の第1号としてゴルフダイジェスト・オンラインに入社。これまで名古屋、大阪、福岡などの営業所に赴任し、全国のゴルフ場に足を運んでいる。現在は800コースを制覇。現職、ゴルフ場ビジネスユニット東日本営業部シニアコンサルタント。


関西で6番目に古い歴史あるコース

1930年(昭和5年)、有馬富士を望むなだらかな丘陵地帯の兵庫県三田に誕生したのが三田ゴルフクラブ(当時は有馬ゴルフ倶楽部、1953年に名称変更)です。日本で一番古い歴史があるのは1901年に六甲山頂に作られた神戸ゴルフ倶楽部。これに続き、関西では鳴尾ゴルフ倶楽部、茨木カンツリー倶楽部、宝塚ゴルフ倶楽部、垂水ゴルフ倶楽部がオープン。その後に開場したのが有馬GCになります。関西では6番目の歴史のあるゴルフ場です。

歴史を感じる瓦屋根のクラブハウス

開場当時、ゴルフはまだまだ庶民になじみが薄いスポーツでしたが、「庶民が楽しめるゴルフ場を作ろう」という思いから三田GCが作られたのだとか。当時のクラブハウスはありませんが、現在の旧淡路面取瓦の大屋根のクラブハウスは三田GCの魅力のひとつです。歴史と風格を感じさせながら、気取らず気さくにゴルフが楽しめる雰囲気を醸し出しているあたりは、創業当時の精神を今も受け継いでいるように感じます。

伝統の姫高麗芝の転がりを体感

設計したのは佐藤満。日本最初のコース、神戸ゴルフ倶楽部に務めていた人物です。開場から80年以上も経っていますが、微妙なアンジュレーション、自然のアップダウンなどは当時のまま。開場時、ブルドーザーなどに頼らず人の手で作られたということが伝わってくる造形です。また、今では珍しくなった姫高麗芝をグリーンに採用している点も三田GCの魅力のひとつ。午前と午後で微妙にスピードが変わるグリーン、傾斜だけではなく芝目を読まなければ解読できないグリーン、四季ごとに転がりが変わるグリーンをぜひ堪能してください。


  1. 1
    COURSE NAVI
    2014/08/07

    通常スタート時間のスループレーを楽しむゴルフ…

  2. 2
    COURSE NAVI
    2014/05/14

    プレーヤーの五感を刺激する滑らかな転がりゴル…

  3. 3
    COURSE NAVI
    2014/07/15

    笑顔!元気!走る!がモットー美奈木ゴルフ倶楽…

  4. 4
    COURSE NAVI
    2014/08/28

    隠れた日本の名コース ロペ倶楽部

  5. 5
    COURSE NAVI
    2014/10/09

    隠れた日本の名コース 久邇カントリークラブ(…

  6. 6
    COURSE NAVI
    2014/08/20

    隠れた日本の名コース 富士カントリー可児クラ…

  7. 7
    COURSE NAVI
    2014/09/04

    伝説のアマチュアゴルファー中部銀次郎を生んだ…

  8. 8
    COURSE NAVI
    2014/11/06

    隠れた日本の名コース 奈良カントリークラブ(…

  9. 9
    COURSE NAVI
    2014/06/04

    飯能グリーンカントリークラブが誇る「C.A.…

  10. 10
    COURSE NAVI
    2014/01/23

    トップアマの頭の中を覗いてみよう!パー4に隠…