レッスン「US版 Golf Digest」と契約する有名プロのゴルフレッスン

フライヤーに騙されるな

ファーストカットのフワッとしたライでの対処法

アベレージゴルファーが、グリーンオーバーするナイスショットを打つことはあまりない。グリーンを狙うショットで、十分な飛距離を出せる番手で打たないのがその理由だ。だから、グリーンオーバーするショットが一本でもあると、トップしたと思ってしまう。

しかし、ラフのファーストカット(フェアウェイとラフの境目にある)からショートアイアンでしっかり打つと、グリーンオーバーすることがあるのだ。

多くのゴルファーは、ボールの下がクッションになっているような、このライを好んでいるはずだ。問題は、このようなライからだと、ボールが飛びだす傾向があるということ。つまりフライヤーだ。原因は、インパクト時に芝がクラブフェースとボールの間に入り、フェースが通常通りにボールをしっかりグリップできないから。結果として、ボールがナックルボールのように飛びだし、着地しても転がってしまうのだ。

このフライヤーを軽減するには、ボールを可能な限りしっかりと捉えるため、2、3のアジャストをする必要がある。

まず、ボールをスタンスの右に置く(右打ちの場合)。ショートアイアンの時は、真ん中くらいだ。こうすることで、シャフトがターゲット方向により傾くだろう。そして、バックスイングでリストをヒンジさせ、インパクトに向かって鋭角に振り降ろせる準備をする。最後にフォロースルーでは、できる限り左手の甲(右打ちの場合)がターゲットを向くようにしてみよう。こうすることで、フェースが芝生に絡み被ることを防ぐことができる。

何球かこのテクニックを使ってショットしてみよう。

ハイブリッドやフェアウェイウッドならフライヤーも歓迎だが、アイアンの場合はグリーンでボールを止める必要があるため、(ラフでは)できるだけボールだけを打つようにするべきだ。

ブッチの基本

グリーンを外してボールが芝の上で浮いているような状況に出くわすことがある。ラッキーと思うだろうか? 打ち方を知っていればそうだろう。基本的なチッピングやピッチングだと、クラブがボールの下を潜り、しっかりショットできないのだ。こういう状況では、スウィープ(掃く)する動きが大切。ロングパターのストロークをイメージすると良いだろう。まずボールを右足の延長線上に置き(写真上)、下半身を安定させ手首を固定する。この状態からレベルに掃くようなスイングをする。こうすれば、ソリッドなアプローチができるはずだ。

  1. 1
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  2. 2
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  3. 3
    コラム
    2014/05/15

    「2時間待ってでも打ちたい」まったく新しいゴ…

  4. 4
    コラム
    2014/06/26

    静かなゴルフはもう古い!?ロックを聴きながら…

  5. 5
    コラム
    2012/08/14

    料理用スプレーで簡単に飛距離を伸ばす!? マ…

  6. 6
    レッスン
    2014/01/30

    フィル・ミケルソンの「ドライバー上達法」

  7. 7
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショットロ…

  8. 8
    コラム
    2012/11/22

    社会に恩返しする世界の変革者たち

  9. 9
    レッスン
    2013/01/31

    毎回ナイスショットするための5つの基本  ボ…

  10. 10
    レッスン
    2013/06/06

    タイガーが実践していること