レッスン「US版 Golf Digest」と契約する有名プロのゴルフレッスン

ショット時に一番心がけるべきこと

ハンク・ヘイニー ソリッドに打つためのシンプルな方法

主に2つの要素によって、ボールの軌道は決まる。それはスイング軌道とその軌道とクラブフェースの関係だ。

ナチュラルなグリップをしていると仮定すると、インパクト時にリードする手の甲はターゲットを向き、ボールもその方向に飛び出すはずだ。

もしこの時点でボールが右か左に曲がるなら、スイング軌道がおかしいということになる。ここで、能動的にクラブをリリースしフェースをスクエアにするために両手をロールしようとすると、トラブルが起こる。スライスに悩んでいる方の対処法にはなるかもしれないが、ほとんどのケースでタイミング頼りのショットになってしまうだろう。そうではなく、インパクトではグローブの上にあるロゴをターゲットに向けると良いだろう。より安定したショットが打てるようになるはずだ。

  1. 1
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  2. 2
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  3. 3
    コラム
    2014/05/15

    「2時間待ってでも打ちたい」まったく新しいゴ…

  4. 4
    コラム
    2014/06/26

    静かなゴルフはもう古い!?ロックを聴きながら…

  5. 5
    コラム
    2012/08/14

    料理用スプレーで簡単に飛距離を伸ばす!? マ…

  6. 6
    レッスン
    2014/01/30

    フィル・ミケルソンの「ドライバー上達法」

  7. 7
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショットロ…

  8. 8
    コラム
    2012/11/22

    社会に恩返しする世界の変革者たち

  9. 9
    レッスン
    2013/01/31

    毎回ナイスショットするための5つの基本  ボ…

  10. 10
    レッスン
    2013/06/06

    タイガーが実践していること