コラムトッププロや人気ゴルフエディターによる“斬新で大胆”な充実のコラム記事

GDO Style Stix vol.1

『GDO Style Stix』スタート!
米国GD社のデジタルマガジン『Golf Digest Stix』が遂に登場!

米国ゴルフダイジェスト社から毎週配信されている『Golf Digest Stix』を日本語に翻訳し、『Style Stix vol.1』としてお届け。月1~2回で公開します。米国で流行っている最新ゴルフギア、ファッション、ツアー情報などを中心に展開。旬の情報をいち早くチェックできます! 

真骨頂のスティック

今年始め、フィル・ミケルソンはティーからも芝生からも打てる3番ウッドをキャロウェイに依頼。その結果生まれたのが、フランケンウッドだ。(正式名称431/4-inch Callaway X Hot 3Deep 3-wood)
レフティでの手応えを確かめた後、フィル・ミケルソンのキャディであるジム(ボーンズ)マッケイは、「私がフィルのバッグを担いだ20年間で、彼がバッグに入れた最も意義のあるクラブだ」と評した。今となっては、ミケルソンがドライバーを抜いて3番ウッドでティーオフした全英オープンを予言していたかのようだ。日曜日、ミケルソンはミュアフィールド17番ホールの546ヤードを2打で攻略。両打とも3番ウッドで、決定的なバーディーを紡ぎだした。まさに真骨頂のクラブであった。Text by E.Michael Johnson

チェ チェ チェンジズ

メジャーの前にギアを変えるか? もちろんアリだ。実際、世界ゴルフランキングに名を連ねる15選手が、ミュアフィールドで新なクラブを握った。リー・ウェストウッドは、キャリア中9回の優勝を共にしたモデル、ピンのレッドウッド アンサー パター。イアン・ポールターは、侍の刀と同じ鋼で作られたパター(オデッセイ ホワイトダマスカス iX #1)を使用。ドライバーはさほど必要とされず、アダム スコットがタイトリストの712Uの2番をバッグに追加したことも頷ける。競技に使用された2番アイアン及び2番ユティリティアイアンの合計は80本であった。Text by E.Michael Johnson

カールに続く者たち

「私は、変えずに戦う」というトレイトン タバコのテレビ コマーシャルを覚えているだろうか? カール・ペーターソンは、パターのアンカーリング禁止について、これと逆のアプローチをとっている。彼は、戦わずに変える。ペーターソンは、パターのグリップを身体の一部に固定して打つアンカーリングを禁止する議案が持ち上がった際に弁護士を雇った9選手の1人だったが、大会でのノン アンカリング打ちをサポートする側へ、いち早く自らの立場を固めたのである。ペーターソンは、スプリット・クロー・グリップの37インチ ライフ アルーバ パターを、「ジョン ディア クラシック」の最終ラウンドで使い、全英オープンでも引き続き使用した。「パッティングが巧くいかなかったので使ってみたんだ」とコメントしている。「この感触が気に入っているからね」ペーターソンは、平均パット数のランキングがT25で、T54でフィニッシュ。だが、この数字より気になるのは、固定禁止をサポートするアンカーパター愛用者が何人ペーターソンに続くかというところか。Text by E.Michael Johnson

WINNER’S BAG フィル・ミケルソン/ PGA TOUR 全英オープン

【BALL】 Callaway HEX Chrome+ prototype
【3-WOOD】 Callaway X Hot 3Deep (Mitsubishi Fubuki K 70X shaft), 13 degrees
【HYBRID】 Ping Anser, 17 degrees
【IRONS】 (4-PW) Callaway X Forged
【WEDGES】 Callaway Jaws (52, 56 degrees);Callaway Mack Daddy 2 (60, 64 degrees)
【PUTTER】 Odyssey Versa #9


WINNER’S BAG ウッディ・オースティン/ PGA TOUR サンダーソンファームズ チャンピオンシップ

【BALL】 Titleist Pro V1x
【DRIVER】 Titleist 913D3, 8.5 degrees
【3-WOOD】 Callaway X Hot, 13.5 degrees
【HYBRID】 Adams VST Pro, 17 degrees
【IRONS】 (3-PW) Cleveland 588 PF MB
【WEDGES】 Cleveland 588 PF (56 degrees);Cleveland CG 16 (60 degrees)
【PUTTER】 Scotty Cameron by Titleist Select Newport 2 Notchback


  1. 1
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  2. 2
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  3. 3
    コラム
    2014/05/15

    「2時間待ってでも打ちたい」まったく新しいゴ…

  4. 4
    コラム
    2014/06/26

    静かなゴルフはもう古い!?ロックを聴きながら…

  5. 5
    コラム
    2012/08/14

    料理用スプレーで簡単に飛距離を伸ばす!? マ…

  6. 6
    レッスン
    2014/01/30

    フィル・ミケルソンの「ドライバー上達法」

  7. 7
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショットロ…

  8. 8
    コラム
    2012/11/22

    社会に恩返しする世界の変革者たち

  9. 9
    レッスン
    2013/01/31

    毎回ナイスショットするための5つの基本  ボ…

  10. 10
    レッスン
    2013/06/06

    タイガーが実践していること