コラムトッププロや人気ゴルフエディターによる“斬新で大胆”な充実のコラム記事

11 マスターズで優勝する2週間前に養子を迎え入れた

自宅では電球すら自分で交換しないんだ。妻のアンジーにやってもらっているんだよ。彼女は身長194cmで僕よりも少し高いからね。まぁ、それが理由でもないんだけれど、もし僕が交換して電球が割れて、それで手を切ってしまったらゴルフが出来なくなるから。そうなったら最悪だからね。
子供を授かることでここまで色々と変わるなんて面白いものさ。マスターズで優勝する2週間前にカレブを養子として迎え入れる前は、自分が赤ん坊のオムツを交換する姿なんて想像もしていなかった。今では赤ん坊が飛行機の中で泣き叫んでも何とも思わないね。子供がする行為でイライラもしなくなった。もう何百万回とオムツを交換しているからね。来るなら来い!って感じかな。

12 軍人だった父から学んだもの

父は偉大な人だった。2010年にトラベラーズ選手権で優勝した時、父のことを想って涙を流してしまった。その時既に父は咽頭癌を患っていて、もう残された時間が少なかったからね。彼は元軍人で、グリーンベレーに所属していた。ベトナム戦争でも戦った人で、見た目は凄く強面だけれど、人間性はテディベアみたいな人だった。僕が子供の頃も、何かを強制することはなかったね。ただ、成長を続ける点については根気強く僕を励まし続けてくれたんだ。PGAツアーのシード権を勝ち取った時も、もっと上達するようプッシュしてくれた。もちろん、前向きに取り組める形でね。ライダーカップのメンバーに選ばれた時も、「今後もお前が何度も代表に選出されない理由なんてないだろ?」と言ってくれて。結果的に自分で自分をプッシュする術を学んだけれど、父が教えてくれた財産のようなものだよ。

13 出来ることならいつだって10打差をつけて首位を走りたい派

選手によっては、熾烈な争いの渦中に入った時の緊張感を好む人がいる。例えばメジャー大会で首位に並んだ時の緊張感について、「この為に努力してきたんだ。最高の瞬間だ」と考える選手もいるみたいだけれど、僕は不思議に思うんだ。緊張感に対応は出来るけれど、決して気持ちの良いものではないしね。出来ることならいつだって10打差をつけて首位を走りたいと思うよ。

14 苛立っていた時期

一昔前のことだけれど、ゴルフコース上の些細なことでカンシャクを起こしていた時期があった。酷いライ、マーシャルの一言、スロープレー、その他諸々。声を荒げたり、不快に感じることも少なくなかったよ。自分のグループから僕の立ち振る舞いについて指摘された時だけではなくて、前のグループが文句をつけてきたりして苛立って、本当に酷い時期があった。全米オープンの予選でプレーしていた時、遂にテディーがキレたんだ。「バッバ、お前は自分のことをクリスチャンと言っているかもしれないけれど、今のお前は友人、家族、チームに関わる人間にとって恥ずべき行動を取っている。そんな行動はみっともないし、何の為にもならない。俺達はこれからも友達同士だけれど、俺が今思っていることは、このトーナメントでお前との仕事を最後にしようとしているということだ」と言われたんだ。テディーは自分がクビになると思ったらしいけれど、僕は彼に「テディー、君が正しい。これからは自分ではどうにも出来ないことをコントロールしようとしないようにする」と話した。それが分岐点になった気がするね。それから少し経って、トラベラーズ選手権で優勝した。テディーには大きな貸しがあるよ。

15 “Dukes of Hazzard” (爆笑!デューク) が大好きでジェネラル・リーを購入

僕はゴルフジョークが嫌いでね。プロアマに問わず、ハワイからフロリダにかけて違う友人達から同じジョークをいつだって聞かされる。何故かはわからないけれど、彼らは決まって最低ランクの下劣なジョークを聞かせてくれるんだ。いつも作り笑いをしているけれどね。疑問に思うのは、どうして同じジョークがフロリダからハワイにまで伝わっているのかということ。世界を駆け巡るスピードが最も速いものは3つ。ゴシップ、バッドジョーク、それにジェネラル・リー。
ぼくは*1”爆発!デューク”の大ファンで、DVDボックスも全て持っている。昨年爆発! に出てくるクルマ、*2ジェネラル・リーを購入した。お金を払ってからディーラーに届くまで1ヶ月近くかかったかな。車を見た時は気が動転するくらい嬉しかった。僕のはオリジナルの車で、実際に撮影の時に何度もジャンプしていたらしい。後部座席には空中に飛んだ時に姿勢を安定させる為のコンクリートブロックが積んであった。ダッシュボードのゲージ類はどれも機能しなかったし、シートベルトも付いてなかった。それから車好きの奴のところに持っていって、1年近く経ったかな。1万ドルをかけて修理したんだ。安いもんだよ。車は手元に戻ってきて、完璧な状態に仕上がっていた。オーガスタで運転するかって?そうだね、単なる車だもの。でも実際に運転するかと聞かれれば、しないだろうね。ゴルフコース上でだけ運転する為に移送するには手間と時間がかかり過ぎるから。
*1 1979年から1985年に亘り、アメリカのCBSで放映されたアクション/コメディドラマである。 日本では1980年4月6日から9月26日にフジテレビにて全26話のエピソードのみが放映された。 また、日本では、続編のテレビ映画『爆発!デューク:ハリウッドへ行く』(The Dukes of Hazzard: Hazzard in Hollywood!)がWOWOWで放映された。
*2 クライスラー社の一部門である「ダッジ」が販売している自動車。いわゆるマッスルカーの1つである。1966年に初代が登場し、2007年6月30日から2010年5月31日まで日本市場でも発売されていた。

  1. 1
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  2. 2
    コース
    2013/06/14

    難易度最強! メリオンGCで開催される全米O…

  3. 3
    コラム
    2014/05/15

    「2時間待ってでも打ちたい」まったく新しいゴ…

  4. 4
    レッスン
    2013/02/14

    ブッチ・ハーモンが教える、ティーショット前の…

  5. 5
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  6. 6
    トラベル
    2012/11/29

    いま猛烈にマカオが気になる!

  7. 7
    コラム
    2012/08/14

    料理用スプレーで簡単に飛距離を伸ばす!? マ…

  8. 8
    アイテム
    2012/10/18

    ウェッジのバウンス角を理解すればスコアアップ…

  9. 9
    レッスン
    2013/02/07

    パワフルだけど優雅! ウーストハイゼンのスイ…

  10. 10
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショットロ…