プレー&レッスン女性ゴルファーならではの悩みや疑問にこたえる特別レッスン

~成田美寿々 & 堀奈津佳~

コンパクト&シンプル思考の“eco・飛び”

「ノーマルタイプ」の4人をご紹介。まずは、今季3勝を挙げ飛躍の年となっている若き実力者 成田美寿々。成田は、飛ばしたいときほど大振りせず“コンパクト”に振ることを心掛けている。一方、堀奈津佳は飛ばしたい時はティアップを高くしてフェースの上に当てやすくすることだけをシンプルに考えている。

成田①「テークバックはコンパクトに!」

「『このホールは飛ばしたい』と思った時に実践しているのは、スタンスを狭く、振り幅もコンパクトにすること。飛ばしを意識すると、ついつい大きく振ってしまいミスをしてきたので、いまはコンパクトにミートすることを心掛けています」(成田)。

成田の1w。「アンダー」から入り、「インサイドアウト」の軌道で「アッパーブロー」に振り抜いている結果に

成田②「フォローは大きく!」

「スタンスやバックスイングはコンパクトなイメージを持っていますが、フォローでは大きく振ることを心掛けています。インパクト付近ではクラブを放り投げるようなイメージで大きく振り抜きますね」(成田)。


【QP's EYE】
「“飛ばしたい時ほどコンパクトに振る”というのは、結果的に飛ばしにつながります。飛ばすには効率的なミートが欠かせませんから。“テークバックは小さく、フォローを大きくすること”は、一見矛盾しているように思いますが、とても理にかなっています。成田選手はシーズンを通してコンスタントに飛ばしたいという気持ちが伺えますね」(関)。


堀①「ティアップを高くする!」

「飛ばしたい時には、ティアップを少し高くしています。こうするとフェースの上に当たりやすいので、スピン量が減って飛ばすことができるんです」(堀)。

堀②「インパクトの瞬間に右足を蹴る!」

「ダウンスイング以降は積極的に下半身を使うように心がけています。インパクトの瞬間、右足を飛球線方向に蹴り上げているイメージです」(堀)。


【QP's EYE】
「堀選手はティアップを高くすることでアッパー軌道を強くし、打ち出し角を高くして飛距離アップにつなげています。また、インパクトで右足を蹴る動作は、ヘッドの遠心力が増しH/Sがアップします。ただし切り返しで伸び上がるとミスにつながるので、堀選手のようにインパクトまで前傾角度をキープすることが必要です」(関)。

堀の1w。本人のイメージ通り、「アンダー」から入った「アッパーブロー」スイングという結果に


  1. 1
    プレー&レッスン
    2014/03/27

    アプローチのダフリとトップをなくすには?

  2. 2
    プレー&レッスン
    2014/03/20

    パットの距離感をつかんでスコアアップ

  3. 3
    プレー&レッスン
    2014/08/14

    オトコの本音 女性ゴルファーがやってはいけな…

  4. 4
    プレー&レッスン
    2014/09/25

    女子プロはみんなやっている!“eco・飛び”…

  5. 5
    ビューティー
    2014/04/03

    女性ゴルファーの朝食は、カラフルスムージー!

  6. 6
    ビューティー
    2014/05/22

    今年は「絶対、日焼けしない」宣言!

  7. 7
    ライフスタイル
    2014/03/06

    2014女子ツアー、今季の注目選手は?

  8. 8
    ライフスタイル
    2014/07/31

    ミッシェル・ウィの軌跡

  9. 9
    ライフスタイル
    2014/10/02

    ゴル女にはステキな出会いがいっぱい!

  10. 10
    プレー&レッスン
    2014/11/27

    「秘策とビンタ」 ふたごるちゃんBLOG …