プレー&レッスン女性ゴルファーならではの悩みや疑問にこたえる特別レッスン

“ノー感”パターにさよならしよう! パットの感覚をつかんでスコアアップ!

短い距離で感覚をマスターして、少しずつ距離を長くしていきましょう

カップから30センチほどの短い距離で練習して、感覚をマスターできたら、1メートル、2メートルというように、距離を長くしていきましょう。
最初でご紹介したアドレスとボール位置を意識しながら、距離が長くなっても同じストロークで、振り幅で調整することを覚えましょう。

スタート前のグリーンで、感覚をつかむ練習を忘れずに!

パッティングの距離感のつかみ方と、一定の感覚で打つストロークを身につけたら、スタート前のグリーンで最終調整を行いましょう。練習グリーンでそのゴルフ場のグリーンの感覚を探るポイントは、普段の感覚で打ったときに比べて、ボールの転がりの速さと、転がる減速の感覚です。ここからは実践のパッティングの経験が重要になってきますが、基本のアドレスと打ち方を意識していれば、“ノー感パット”や3パットは確実になくなっていくハズです!

  1. 1
    プレー&レッスン
    2014/03/27

    アプローチのダフリとトップをなくすには?

  2. 2
    プレー&レッスン
    2014/08/14

    オトコの本音 女性ゴルファーがやってはいけな…

  3. 3
    プレー&レッスン
    2014/03/20

    パットの距離感をつかんでスコアアップ

  4. 4
    プレー&レッスン
    2014/09/25

    女子プロはみんなやっている!“eco・飛び”…

  5. 5
    プレー&レッスン
    2014/04/10

    LPGAツアーで一番飛ばす19歳、レクシー・…

  6. 6
    ビューティー
    2014/05/22

    今年は「絶対、日焼けしない」宣言!

  7. 7
    ギア
    2014/05/08

    2014年春の新作ドライバー試打&座談会

  8. 8
    ライフスタイル
    2014/10/02

    ゴル女にはステキな出会いがいっぱい!