プレー&レッスン女性ゴルファーならではの悩みや疑問にこたえる特別レッスン

“ノー感”パターにさよならしよう! パットの感覚をつかんでスコアアップ!

カップまで打つ意識はNG! 打つ距離は、1/3でOK

パッティングのとき、ボールをカップまで打つ意識で打っていませんか?
ボールは、カップの直前で止まるのではなく、打った瞬間の最初の速さから、徐々に減速しながら転がっていきます。写真のように、ボールからカップまでの位置を3等分して考えてみましょう。ボールは転がるにつれて、普通>ゆっくり>さらにゆっくりというように、転がるスピードは遅くなっていきます。カップまで打つのではなく、打つべき距離はどれくらいかを考えるだけでOKです。長い距離感で考えるよりも、1/3の距離感でどれだけ打つかを考えるほうが、感覚もつかみやすくなります。

上りでも下りでも、考えるのは“打つべき距離”だけ!

フラットなグリーンのときは、1/3の距離のイメージでOKですが、芝の速さや上り・くだりによって、考える距離感は変わってきます。上りグリーンのときは、減速する分を加味して、打つべき距離が長くなり、逆に下りグリーンのときは、ボールは自然と加速するので、打つべき距離は短くなります。芝が短い高速グリーンや、雨などで湿って低速になっているグリーンでも、考え方は同じです。

上りグリーンのときは、坂道で減速する分、

上りグリーンのときは、坂道で減速する分、考える距離は長くなります

下りグリーンのときは、坂道で加速する分、

下りグリーンのときは、坂道で加速する分、考える距離は短くてOKです

パッティングの打ち方は毎回同じ!
一定の力加減でストロークする感覚を覚えましょう

短い距離と長い距離を打つとき、手元の力加減で距離感を調整すると、打ちすぎてしまったり、ショートしすぎてしまう原因につながります。パッティングの打ち方(強さ・速さ)はどんな距離を打つときも同じです。一定の打ち方ができるように、感覚を体にしみこませましょう。
打つべき距離が変もわっても、同じように打つ感覚を培うドリルがあります。左足を少し前に出して、足をボールだと思って素振りをしてみましょう。短い距離でも長い距離でも、音の大きさが同じになるように意識してみてください。同じ強さ、同じ速さで打つイメージがポイントです。目をつぶっても同じ強さで打てるようになればOKです。
このドリルは、パッティングの直前に、打つ強さを思い出すルーティーンにも有効です。

打つべき距離に合わせて、距離感は振り幅で合わせましょう

カップまでの距離とライから、打つべきポイントを決めたら、意識するのはそのポイントだけです。ボールを置いた位置を打ちたい距離だと想定すると、写真のように短い距離と長い距離でのストロークの違いは、振り幅だけになります。
よく、「カップインは耳で聞く」というように言われますが、打つべき距離まで打った後は、ボールは自然と転がっていきますので、カップを意識するのではなく、打つべきポイントに集中しましょう。そうすることで、ヘッドアップ(トップ)のミスもなくなります。

短い距離から練習して、感覚をつかむ練習をしましょう!

ボールを打つべき距離と、その後転がっていくイメージをつかむには、短い距離からパッティング練習をしましょう。ボールとカップまでの距離のうち、打つ距離はこれだけです。あとは自然とボールが転がっていきますので、打った後、ボールが転がっていく感覚を覚えていってください。

カップまでしっかり打つと、外れたときの距離はその倍に!

冒頭でも説明しましたが、カップまでしっかり打とうとすると、外れたときに、ボールはその倍の距離転がってしまいます。カップを外したあと、1打前よりも距離が遠ざかってしまうのは、定めるべきターゲットが間違ってしまっているのが原因です。どんなに短い距離でも、打つべき距離だけを打つことを意識しましょう。

  1. 1
    プレー&レッスン
    2014/03/27

    アプローチのダフリとトップをなくすには?

  2. 2
    プレー&レッスン
    2014/08/14

    オトコの本音 女性ゴルファーがやってはいけな…

  3. 3
    プレー&レッスン
    2014/03/20

    パットの距離感をつかんでスコアアップ

  4. 4
    プレー&レッスン
    2014/12/18

    「姉妹対決!勝負の果てに…」  ふたごるちゃ…

  5. 5
    プレー&レッスン
    2014/12/04

    「飛ぶ妹、上がらない姉」 ふたごるちゃんB…

  6. 6
    プレー&レッスン
    2014/12/10

    「決戦に向けて…」 ふたごるちゃんBLOG …

  7. 7
    プレー&レッスン
    2014/11/27

    「秘策とビンタ」 ふたごるちゃんBLOG …

  8. 8
    プレー&レッスン
    2014/11/20

    「ライバル意識」 ふたごるちゃんBLOG …

  9. 9
    プレー&レッスン
    2014/08/28

    女子プロはみんなやっている!“eco・飛び”…

  10. 10
    ビューティー
    2014/05/22

    今年は「絶対、日焼けしない」宣言!