プレー&レッスン女性ゴルファーならではの悩みや疑問にこたえる特別レッスン

“ノー感”パターにさよならしよう! パットの感覚をつかんでスコアアップ!

グリップエンドがみぞおちの下にくるようにアドレスしましょう

腕や肩などの上半身の動きすぎを防ぐ正しいアドレスはこちらです。グリップエンドがみぞおちの下にくるようにアドレスできれば、自然と脇が閉まり、ボールに対してヘッドをまっすぐにストロークすることができます。

前屈をしたときの体勢が、重心位置を把握するコツ

みぞおちを意識した重心位置がわからないときは、パターを置いて、前屈をしてみましょう。前屈をするときは、股関節だけでなく、背中も丸まり、左のような姿勢になります。
このときの姿勢をイメージして、少し起き上がってみましょう。
右の姿勢が、正しいアドレスの姿勢です。体の重心が股関節ではなく、みぞおちにきていています。この状態でそのままパターを持てば、みぞおちの下にグリップエンドがくることになり、手打ちによるパンチショットやトップといったミスがなくなります。

このようにアドレスを修正するだけで、パターの距離感をつかむのは、ぐっと簡単になります。

ボールの位置は左目の下でOK!

アドレスしたときの正しいボールの位置は、右の写真を参考にしてください。
・グリップエンドがみぞおちの下にきている
・ボールの位置は左目の下にある
 ボールが自分よりも遠すぎるとトゥ寄りの重心に、近すぎるとかかと寄りの重心になり、自然なストロークができません。

  1. 1
    プレー&レッスン
    2014/03/27

    アプローチのダフリとトップをなくすには?

  2. 2
    プレー&レッスン
    2014/08/14

    オトコの本音 女性ゴルファーがやってはいけな…

  3. 3
    プレー&レッスン
    2014/03/20

    パットの距離感をつかんでスコアアップ

  4. 4
    プレー&レッスン
    2014/12/18

    「姉妹対決!勝負の果てに…」  ふたごるちゃ…

  5. 5
    プレー&レッスン
    2014/12/04

    「飛ぶ妹、上がらない姉」 ふたごるちゃんB…

  6. 6
    プレー&レッスン
    2014/12/10

    「決戦に向けて…」 ふたごるちゃんBLOG …

  7. 7
    プレー&レッスン
    2014/11/27

    「秘策とビンタ」 ふたごるちゃんBLOG …

  8. 8
    プレー&レッスン
    2014/11/20

    「ライバル意識」 ふたごるちゃんBLOG …

  9. 9
    プレー&レッスン
    2014/08/28

    女子プロはみんなやっている!“eco・飛び”…

  10. 10
    ビューティー
    2014/05/22

    今年は「絶対、日焼けしない」宣言!