ギアラウンドに便利なアイテムから、日常使いでも威力を発揮する小物まで、手元に置いておきたいおすすめの一品をご紹介

別府プロに聞く!

女性アスリート系ゴルファーのための
より良いドライバー選びとは?

女性ゴルファーがドライバーを選ぶときの注意点は? メンズやレディスのいろいろなクラブを打ち比べて、多くの女性ゴルファーを指導している別府プロにうかがいました!

女性ゴルファーにとって、
選択肢が広がってきたドライバー

「スイングが固まってきてヘッドスピードが速くなってくると、女性でもレディスクラブの柔らかいシャフトでは物足りなくなってくるものです。浮田さんや永井さんがそうであったように、シャフトが柔らかすぎるとフルスイングできなくなって、飛ばせないだけでなく、球筋がバラけてしまいます。そういった女性ゴルファーは、昔はメンズのクラブを使うしか選択肢がありませんでした。」

「最近では、レディスでもAやRといった硬さのシャフトを取り揃えるようになっていて、Lシャフトでもしっかりと振れるものなど、振り応えのあるクラブが登場しています。今回試打した6モデルは、ロフトとシャフトを選べばアスリート系のゴルファーにも十分使えそうなドライバーでした。ゴルフクラブは、振り切れる範囲で重いものを使うべきなんです。クラブが軽すぎて飛ばせていない女性ゴルファーは、けっこう多いですよ。」

メンズとレディス、迷った時の選び方は?

「メンズとレディスのどちらを使うか。両者のいちばんの違いは、シャフトの長さとクラブの総重量です。平均的なレディス用のドライバーは、43.5インチで重さが265グラム。メンズの軽量ドライバーだと、45.5インチで280グラム程度になります。この2インチと15グラムの差は、振ったときには大きな差になります。熱心に練習やラウンドをこなす人であれば、十分にメンズクラブを使うことができますし、シャフトが長いとヘッドスピードが上がって、より飛ばせるようになります。ただし、小柄な女性は要注意です。シャフトが長いとスイング軌道がフラットになりすぎて、振りにくく感じるかも知れません。逆に言うと身長が165センチ以上であれば、たとえ初心者でもメンズのドライバーを検討してもいいでしょうね。」

飛距離か、正確性か、
優先順位の高いポイントで探しましょう

「永井さんのようにパワーがあるゴルファーでも、正確性を重視するのであれば、シャフトの短いレディスクラブのRシャフトが最適です。女性は男性と比べると体力差が大きくて、一概に身長やパワーでメンズがレディスかを決めるのは難しいところです。自分がドライバーに求めているものをハッキリさせておいて、購入前には必ず試打をしましょう。使うクラブによって、飛距離や正確性は大いに変わってきますよ」


  1. 1
    プレー&レッスン
    2014/03/27

    アプローチのダフリとトップをなくすには?

  2. 2
    プレー&レッスン
    2014/08/14

    オトコの本音 女性ゴルファーがやってはいけな…

  3. 3
    プレー&レッスン
    2014/03/20

    パットの距離感をつかんでスコアアップ

  4. 4
    プレー&レッスン
    2014/08/28

    女子プロはみんなやっている!“eco・飛び”…

  5. 5
    ライフスタイル
    2014/10/02

    ゴル女にはステキな出会いがいっぱい!

  6. 6
    プレー&レッスン
    2014/09/11

    女子プロはみんなやっている!“eco・飛び”…

  7. 7
    ファッション
    2014/04/17

    春夏のトレンドを取り入れて、ゴルフウェアをも…

  8. 8
    プレー&レッスン
    2014/09/25

    女子プロはみんなやっている!“eco・飛び”…