ファインダー越しの記憶 尾崎3兄弟が世界初のメジャー揃い踏み

写真・文:宮本卓
構成:GDO編集部

パーシモンからメタルへ

 初めて取材に行った1989年の全英オープン。ちょうどその頃は、何人かの選手がメタルのドライバーを使い始めた頃で、大会にはパーシモンを使っている選手とメタルを使っている選手が入り交じっていた。時代がパーシモンからメタルへと変わりつつある、まさに真っ只中。面白い時代だった。
 なんといっても注目は、当時42歳のジャンボ尾崎。同年の全米オープンでは、最終日の13番ホールを終えてトップに立ち、最終的に6位タイの自身メジャー最高成績を収めたばかりだった。
 それまでドライバーではマクレガーのトミー・アーマー945のパーシモンにこだわりを持っていたジャンボ。だが、息子の智春くんが高校生でメタルを使い始めたことで、練習場では試し打ちを繰り返し、半年ぐらい経った88年のワールドカップ(オーストラリア・ロイヤルメルボルンGC)からメタルに切り替えていた。

02 元祖ゲストレポーター

 金色のシャフトを刺したテーラーメイドのツアーバーナーは、その飛距離で全英会場でも注目を集め、練習場にいても、物珍しそうにジャンボの後ろ姿を眺める海外記者は少なくなかった。
 そんな報道陣の中にはひときわ目立つ存在もいた。テレビ中継(テレビ朝日系)でゲストレポーターを務めた長嶋茂雄さんだ。当時はプロ野球・巨人の監督を退いていた期間で、いまで言う松岡修造さんのようなポジションとして活躍していた。プロ野球の大先輩ということもあるだろう、ジャンボが嬉しそうに長嶋さんとグリーン談義をしていたシーンを撮影していた。

03 3兄弟ともに予選突破

 そして、ジャンボの注目度が高かった理由はもうひとつあった。尾崎3兄弟が揃ってメジャーに出場した初の試合でもあったためだ。もちろん世界でも3人同時は初めて。地元の新聞もそのことをニュースとして取り上げ、その当時3人が履いていたズボンを茶化しながら、「きっと、その大きなポケットにいっぱい賞金を詰めて帰るんだろうな。。。」などと記事にしていた。
 当時の日本はバブル景気のピークで、多くの観戦客が日本から訪れ、カシミアセーターを“爆買い”していたことも思い出される。イギリスの新聞は、そんな異様なムードを敏感に記事にしていたのだと思う。
 3兄弟ともに予選を突破して4日間プレー。結果は、ジャンボが通算2アンダーの30位、尾崎健夫は最終日に「78」と崩れて通算1オーバーの46位、初日に「75」と出遅れた尾崎直道は通算3オーバーの52位で、年齢順だった。
 その後、10年以上にわたって続く、第2次ジャンボ尾崎黄金期の始まりでもあった。

ARCHIVE


ファインダー越しの記憶 2016/07/15

第1回大会の地へ ミステリーで始まった僕の全英オープン取材歴[1989 全英オープン]

記事を読む
ファインダー越しの記憶 2016/07/14

ウッズの衝撃、レナードの優勝…そしてジンクス[1997 全英オープン]

記事を読む
ファインダー越しの記憶 2016/07/12

尾崎3兄弟が世界初のメジャー揃い踏み[1989 全英オープン]

記事を読む
ファインダー越しの記憶 2016/07/12

初めての「全英」で見たノーマンの悲劇[1989 全英オープン]

記事を読む