DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

試乗レポート

世界最高峰の「安全性能」は、乗っているだけで「贅沢」を味わえる。
メルセデス・ベンツ「Eクラス」

安全性能は、高い完成度はもちろんだが、運転しているドライバーにどう伝え、どう行動に移させるかが極めて重要だ。安全機能がついたクルマは数あるが、ドライバーに伝えるための反応や仕上がりが、実にさりげなく自然なのが、この「Eクラス」だ。試乗車両は2リッター直4ターボエンジンを搭載したE200アバンギャルドスポーツだが、おおきめのボディに対し、2リッターエンジンは非力さを感じさせない。なめらかな加速感と力強いトルク、しなやかで路面に吸い付くようなサスペンション。乗っているだけ贅沢を味わうことができる。7年ぶりにフルモデルチェンジした、メルセデス・ベンツのミドル級セダン「Eクラス」の試乗レポートを紹介。

文/塩見 智 写真/篠原 晃一 取材協力:グランフィールズカントリークラブ(静岡県)

新型Eクラスの試乗会では、デザインの説明に多くの時間が割かれた。ドイツメーカー、特にメルセデス・ベンツがデザインをここまで熱く語るのは珍しい。彼らによると、ラグジュアリーとは「希少性」「簡素さ」「体験」そして「美」であり、感性(エモーション)と知性(インテリジェンス)の両極を兼ね備えているべきものだ。そう聞いた後で新型の内外装を眺めると、確かに歴代のどのモデルよりも曲線を多用したエモーショナルなエクステリアデザインであり、いっぽうで12.3インチワイドディスプレイを2つ並べ、1枚の横長ガラスカバーで覆ったインパネなど、インテリアからはインテリジェンスを感じる。

先に登場したSクラスやCクラスとの共通性を強く感じさせ、ひと目でメルセデス・ベンツだと認識できるということを何よりも優先したスタイリングだ。サイズは先代とほぼ変わらないが、ホイールベースは65mm長く、それによって伸びやかなプロファイルを得ている。ラゲッジスペースを覗いてみると広さは十分に確保され、大き目のキャディバックを積み込んで見ると2個は楽に入った。工夫をすれば3個は入りそうだ。

モダンラグジュアリーをテーマにヨットやプライベートジェットなどを参考にしながらデザインされたインテリアは、ひと言でいうと垢抜けた感じだ。目を引くのはシート。背中が触れる部分が彫刻のトルソーのようなデザインとなっている。デザイン上の処理というだけでなく、エルゴノミクスに配慮した形状だ。実際に座ってみると、確かに見た目から想像するよりも身体が包み込まれるような座り心地で、コーナーの連続でもしっかりと身体をサポートしてくれた。まぁ座り心地がよいのは歴代に通じる長所だが。

  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  3. 3
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  4. 4
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  5. 5
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  6. 6
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  7. 7
    DRIVE
    2015/06/25

    女子プロゴルファーのクルマ 第3弾

  8. 8
    DRIVE
    2015/06/11

    男子プロゴルファーのクルマ 第1弾

  9. 9
    DRIVE
    2014/06/17

    ホンダ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  10. 10
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…