DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

試乗レポート

新型RXは「RXでありながら、RXを超えていく」をコンセプトに開発された

プレミアムクロスオーバーである「RX」をフルモデルチェンジすると共に、新たに直噴2.0リッター・ターボエンジンを搭載したRX200tをラインアップに加えた。「RX」は、洗練されたデザインと高い技術力をもつレクサスブランドを体現するコアモデルの一つである。新型RXは「RXでありながら、RXを超えていく」をコンセプトに開発され、さらなる進化を遂げている。

日本に導入されるパワートーレンは二つ。「NX」と同じ2.0リッター・ガソリンターボを搭載する「RX200t」とV6ハイブリッドの「RX450h」だ。ターボは「NX」よりもギア比を低くして設定し、「RX」の重量に対応しているので、大きなボディでも2.0リッターターボのエンジンで十分な加速だった。ハイブリッドはV6と組み合わせているので、2.0リッターターボよりも発進は力強い。高速ではエンジンが主役となり、低速ではモーターが主役となる。このコンビネーションがとにかく素晴らしい。価格は「RX200t」にくらべ100万円ほど高いが、ハイブリッドのほうが「RX」のキャラクターには似合いそうだ。街中の走りはでは、ハイブリッドが静かでいい。2.0リッターターボ車もトルコンATと組み合わせているので、スムーズに加速するが高級感を味わいたいならハイブリッドをおすすめしたい。スポーティな走りを楽しみたいと言うのであれば、ターボもいいだろう。

V6 3.5L ハイブリッド・エンジン

V6 3.5L ハイブリッド・エンジン

2.0L直列4気筒ターボ・エンジン

2.0L直列4気筒ターボ・エンジン

高速道路はどのエンジンでも静かで快適だが、ハイブリッドにはオプションでアクティブ・スタビライザーを選ぶことができる。このサスペンションはスポーツカーのように「RX」を走らせることが可能だし、ゴルフ場へ向かう道でアップダウンが続くワインディングでは気持ちよく走ることができる。ハンドルを切った瞬間の正確性も見事だ。今までの「RX」とはまったく別物だし、期待を超えた走りに驚くだろう。ちなみに「RX450h」のリヤはモーターで駆動するeAWDだ。高速ではフラットライドで200キロでもクルージングできそうだ。 安全面では「レクサス・セイフティシステム+」を搭載し、クルーズコントロールやレーンキープ、さらに自動ブレーキが備わる。全方位で進化した新型レクサス「RX」はステアリングを握った瞬間にきっと驚きを感じるはずだ。私なら頑張ってハイブリッドをチョイスしたい。

スピンドルグリルがすっかりと定着し、存在感を強めるレクサスだが、ここにきて3タイプ(NX、RX、LX)のSUVがラインアップされ注目をあつめているが、やはりレクサスの中でも30%の販売台数を誇る主力モデルは、今回登場した新型レクサス「RX」であり、その存在感は他を圧倒する魅力が詰まっている。

新型レクサス RX
4,950,000円~7,425,000円(税込)

ボディサイズ|全長4,890 ×全幅1,895×全高1,710mm
ホイールベース| 2,790mm
エンジン|直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ / V型6気筒DOHC
排気量|1.998 / 3.456cc

  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  3. 3
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  4. 4
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  5. 5
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  6. 6
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  7. 7
    DRIVE
    2014/06/17

    ホンダ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  8. 8
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  9. 9
    DRIVE
    2014/07/15

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  10. 10
    DRIVE
    2014/04/24

    メルセデス、ジャガー、他~キャディバッグ、入…