DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

ゴルファー試乗レポート

EV車でひとり勝ちの秘密に迫る! テスラ・モデルS

HV(ハイブリッド)やPHV(プラグイン・ハイブリッド)が支持を集めている現在、ひとり気を吐くEV車(電気自動車)がある。それがシリコンバレー生まれのテスラ・モデルSだ。本国アメリカでは数々のアワードに輝き、日本でも販売開始以来注文が殺到している。なぜテスラだけがEV界でひとり勝ちできているのか? ゴルファーにはどんなメリットがあるのか? その秘密を紐解いていく。

売れ行き好調の理由

2012年6月、アメリカ・カリフォルニア州のフリーモントにあるテスラ・モーターズの工場周辺で初めてモデルSに試乗してから2年半が経過した。その時に感じた“EVもエコ一辺倒でなければここまで刺激的で魅力的なのか!”という驚きを、今でも鮮明に思い出すことができる。

その後、何度か日本に上陸したモデルSを試乗する機会があったが、期間をおいて乗る度にクルマとしてよくなっていくのを感じていた。最初に乗ったモデルSは、まだ組み立ての精度が今ほどしっかりしていなかったように思う。そこから少しして乗ると「おっ、剛性が上がったな」と感じさせたし、途中で右ハンドル車も選べるようになった。

14年秋、日本でもデリバリーが始まった。オーダー数がどれくらいに達しているのかは公表されていないが、ひと言でいえばモデルSは本国アメリカ同様、日本でも大人気。テスラ・モーターズ・ジャパンはかなりのオーダーを抱えているはずだ。EVならほかにも存在する。日本は世界で最初にEVが普通に売られるようになった国といっても過言ではない。にもかかわらず、モデルSだけが話題になり、販売好調なのか。

実質400km前後の航続距離が確保される

まずはモデルSのEVとしての魅力を紹介しよう。85kWh(ニッサン・リーフの3.5倍の容量)の容量をもつリチウムイオン・バッテリーによって、実質400km前後の航続距離が確保されるため、目的地までバッテリーがもつかな……というストレスを抱える頻度が少ない。現代人はスマホのバッテリーがもつかもたないかというストレスを常に抱えているといっても過言ではない。EVを日常的に使うとなると、あれをクルマでも抱えることになるわけだが、400km前後といえば1日で走り切るのが大変な距離なので、そのストレスからはほぼ解放される。ただバッテリー容量はあればあったで期待も高まるし、毎晩必ず充電できるわけでもないので、完全にそのストレスがなくなるわけではない。

また、その豊富なバッテリー容量があるからこそ採用できるのだが、強力なモーターによって最高出力280kW(382ps)、最大トルク600Nm(61.2kgm)というパワースペックを誇る。その結果、車重は2108kgと重量級(バッテリーだけで600kg前後ある)にもかかわらず、ステアリングホイールをしっかり握って、アクセルペダルをグイッと踏むだけでとんでもなく鋭い加速を味わうことができる。そして、車内は常に静かだ。ロールスロイスやベントレーなどの、ほぼ何をやっても車内に音が侵入してこないほどの静けさではないが、高速道路をかっ飛ばしたとしても風切り音とロードノイズが少し聞こえる程度。普通のクルマならこのレベルの音はエンジン音にかき消されてしまうのだが、モデルSにはエンジン音が存在しないので、これらが聞こえる。

素直なハンドリングを味わうことができる

加えてハンドリングが素晴らしい。先ほど重いバッテリーを積むために重量級だとお伝えしたが、バッテリーは床下に薄く敷き詰められているため、一番の重量物がこれ以上ないほど低い位置にあり、重心が圧倒的に低い。フロントであれリアであれ、あるいはミッドであれ、エンジンを積んでいたのではここまで重心を下げるのは難しい。しかも重量物はすべて前後輪の間にあるので、前後重量バランスも理想的。それゆえに素直なハンドリングを味わうことができるというわけだ。

モデルSは、エンジンよりもずっとコンパクトなモーターを車体の後端に搭載する。このため、驚くべき車内の広さを誇る。ま、全長4970mm、全幅2187mm(ドアミラー込み)、全高1435mmとサイズ自体が巨大ではあるのだが。リアに広大なトランク、フロントにもトランク、さらに車室のフロアは完全なるフラットと、大人5人と人数分の荷物を軽々飲み込んでしまうユーティリティーが確保されている。残念ながらキャディバッグを真横に搭載するにはトランクの左右幅が若干足りなかったが、斜めに入れれば4個は積載が可能なはずだ。

  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  3. 3
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  4. 4
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  5. 5
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  6. 6
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  7. 7
    DRIVE
    2014/06/17

    ホンダ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  8. 8
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  9. 9
    DRIVE
    2014/07/15

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  10. 10
    DRIVE
    2015/04/23

    人気SUV中古車編~キャディバッグ、入るか入…