DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

試乗レポート

恒例のキャディバッグ検証

そして肝心かなめのラゲッジスペースチェックを。559リッター(VDA方式)と、このクラスとしては標準的な容量をもつ……いや本音を言えば、もう少し広くてもいいなと思わせる数値だが、アウトバックが容量を稼ぐには不利な4WDであることを考慮しなくてはならない。加えて、ラゲッジのフロア板の下に47リッター(同方式)の収納スペースを設けるなど、少しでも容量を稼ごうという工夫が見られる。それにアウトバックはワゴンだ。大量の荷物がある場合、その量に応じてリアシートを一部もしくは全部倒せばよいだけのこと。すべて倒せばたいていの荷物は飲み込んでしまう。

いつものGDOオリジナルキャディバッグを入れてみる。ラゲッジ左右がえぐられた形状ではないため、バッグを真横に収めることはできない。斜めに1個、2個目、3個目をクロスさせるように置く。トノカバーが閉まる状態で積むことができるのは3個まで。上まで使えば4個も不可能ではないはずだ。

テストを終えて感じるのは、アウトバックは万能性が高いクルマだということだ。走破性、快適性、利便性、そして走る楽しみを一台で味わうことができる。ラゲッジに積み込むのはキャディバッグでもいいし、サーフボードでもスキーでもキャンプ道具でも釣り竿でもなんでもいい。ほとんどの趣味の道具は飲み込んでしまうし、アウトバックの走破性をもってすれば、自然へ分け入って、趣味のフィールドのすぐ近くまで行くことができるだろう。

取材車両:スバル レガシー アウトバック

ボディサイズ|全長4,815×全幅1,840×全高1,605mm
ホイールベース|2,745mm
エンジン| DOHC 16バルブ AVCS 水平対向4気筒エンジン
排気量|2,500cc
最高出力| 129kW (175PS) / 5,800rpm
最大トルク|235N・m (24.0kg・m) /4,000rpm
トランスミッション|リニアトロニック 6速オートマチック
車両本体価格|3,132,000円(税込)


  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  3. 3
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  4. 4
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  5. 5
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  6. 6
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  7. 7
    DRIVE
    2014/06/17

    ホンダ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  8. 8
    DRIVE
    2014/07/15

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  9. 9
    DRIVE
    2015/04/23

    人気SUV中古車編~キャディバッグ、入るか入…

  10. 10
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…