DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

ゴルファーの試乗レポート

恒例のキャディバッグ検証

乗り心地はシトロエンが大昔から得意としていた分野だ。かつてシトロエンの代名詞のように言われたハイドローリック・サスペンションを使っているわけではないのだが、かつてその“ハイドロ”で実現させていた乗り味の風味を通常の金属バネで感じさせるような味付けがなされている。それによってハンドリングや乗り味が引き締まった印象だが、現代の平均からするとソフトライドの部類に入る。運転しても誰かに運転してもらっても快適で、ロングドライブを全く苦としない。コーナーを速く回れないこともないが、それを楽しむタイプのクルマではない。

ここでGDO恒例のキャディバッグを使ったトランクテストの結果を写真とともにお伝えしよう。まず5人乗りのC4ピカソから。ガバっと大きく口を開くトランクを開けると、十分なラゲッジスペースが広がる。ラゲッジ左右はえぐられていないので、キャディバッグを真横に積むのは難しいが、斜めにすれば楽々入る。トノカバーを付けたままだと2個が限界だが、取り外してしまえば3個積載可能。C4ピカソは言葉で表現すればVWゴルフなどと同じ“5人乗りのハッチバック”ということになるが、一般的なハッチバックだとリアシートを倒さないとキャディバッグは入らない。そのあたりを考えるとC4ピカソの価値がくっきりしてくる。

シトロエン C4 ピカソ

シトロエン C4 ピカソ

次に7人乗りのグランドC4ピカソ。当然、7人乗るために3列目のシートを出した場合のラゲッジスペース容量は限られたものとなるが、3列目シートを収納すると広大な(645リッター)空間が出現する。ただし、実はキャディバッグの積載性は短いC4ピカソとさほど変わらない。3個までは楽に積載できるのだが、4個積むには少し足りないといった感じだ。5人乗りも7人乗りもリアシートは必要に応じて1脚ずつ出したり収納したりすることが可能。

シトロエン グランド C4 ピカソ

シトロエン グランド C4 ピカソ

  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  3. 3
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  4. 4
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  5. 5
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  6. 6
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  7. 7
    DRIVE
    2014/06/17

    ホンダ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  8. 8
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  9. 9
    DRIVE
    2014/07/15

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  10. 10
    DRIVE
    2014/04/24

    メルセデス、ジャガー、他~キャディバッグ、入…