DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

2014年のゴルフスタイルをランキング形式で振り返る

Style of the Year 2014 【DRIVE】

ゴルファーを様々なシーンでサポートするクルマ。その魅力を紹介してきたスタイルDRIVEでは、話題の人気モデルから固定ファンをもつ中古車まで、あらゆる車種を試乗し尽くした。そんな数多くのコンテンツの中で人気を集めたTOP10を大発表! やはり、あのキャディバッグを使った人気シリーズがランキング独占……!?

※2014/1/1から12/15までのデータを集計。ビジター数(ページへ訪れた人数)にて算出。

第1位
キャディバッグ、入るか入らないか!?真横か斜めか!?それが問題だ! 第2弾

2014/5/27 公開

堂々の第1位は、ラゲッジルームの収納力調査シリーズ第2弾。定番輸入車BMW3シリーズをはじめ、フォルクスワーゲン、ボルボ、そしてフォードやミニクーパーまでを徹底調査。


第2位
キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜めか、それが問題だ! 第7弾
~レクサス編~

2014/10/21 公開

レクサスのラゲッジルーム調査が、第2位に! 国産車の中でも随一のプレミアムブランドだけあり、その存在感を改めて示した結果となった。全モデルに大きな駆動用バッテリーが搭載されているなか、どのように収納スペースを確保しているかが注目を集めたようだ。


第3位
キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜めか、それが問題だ! 第3弾
~日産自動車編~

2014/6/11 公開

第3位も同じく、ラゲッジルーム収納力調査。日産車のトランク容量を一気に調査した第3弾がランクインした。スカイラインからノートまで、国産車のキャディバッグ対応力の高さに舌を巻いた回であった。


第4位
キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜めか、それが問題だ! 第5弾
~トヨタ編~

2014/6/24 公開

第4位は、国内でダントツのシェアを誇るトヨタ車を調査した回。さすがは日本で一番売れているメーカーだけあり、死角なし。ゴルファーの要望にもしっかりと応えているトヨタ車のキャパの広さに脱帽。


第5位
キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜めか、それが問題だ! 第4弾
~ホンダ編~

2014/6/17 公開

3位から続いた国産車の流れは、5位ホンダ編で完結! アコードから始まり、フィットやステップワゴン、オデッセイ、ついには軽自動車Nシリーズの調査も実施。同社の最新コンパクトカーのユーティリティの高さを見せつけられる結果に。


  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  3. 3
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  4. 4
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  5. 5
    DRIVE
    2017/02/23

    日産「NOTE e-Power」 充電のいら…

  6. 6
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  7. 7
    DRIVE
    2014/07/15

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  8. 8
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  9. 9
    DRIVE
    2014/06/17

    ホンダ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  10. 10
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…