DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

キャディバッグ収納力を徹底比較

ポルシェ・パナメーラS、カイエンS、ケイマン

ポルシェ・パナメーラS
2013年式、0.6万km、1215万円

パナメーラはポルシェの長年の悲願であったフル4シーター・セダン(正確には5ドアハッチバック)だ。13年にマイナーチェンジが施され、このモデルが積む新しい3リッターV6ツインターボエンジンが追加された。プラグイン・ハイブリッドも選べる。


写真:左 キャディバッグ1個の場合/写真:右 最多積載数2個

リアハッチを開くと浅めながら広大なラゲッジスペースが姿を現す。左右部分がきちんとえぐられていて、ギリギリではあるがキャディバッグの真横積みが可能。開口部が広く、積み下ろししやすい。

1個目を真横積みしたのと同じ要領でもう1個積むことができたが、GDOオリジナルバッグのようなスリムなタイプでないと難しいだろう。3個目を積むとなると、分割式のリアシートを倒す必要がある。


ポルシェ・カイエンS
2008年式、5.4万km、475万2000円

カイエンはVWトゥアレグとプラットフォームを共有するポルシェ初のフルサイズSUVとして2002年にデビュー。発売直後から主要な市場で大ヒットし、現在も同社に大きな利益をもたらす屋台骨。現行は2世代目。このモデルは初代の後期モデル。


写真:左 キャディバッグ1個の場合/写真:右 最多積載数2個

大きなラゲッジスペースをもつ。キャディバッグ真横積みも余裕で可能。ちなみに現行モデルでは廃止されたが、初代はハッチのガラス部分のみを開閉できるので、小さいモノの出し入れに便利。

1個目を真横に積んでしまうと、2個以上積むことができないが、互いにクロスさせるかたちで積み込むと2個積み込むことができる。トノカバーを外せば3~4個を積載するのも無理ではない。


ポルシェ・ケイマン 2.7(5AT)
2008年式、4.5万km、399万6000円

ケイマンはミッドシップ・オープン2シーター・スポーツのボクスターをベースにして開発されたミッドシップ2シーター・クーペ。ポルシェを代表する911の性能を超えないよう配慮されながらも一級のパフォーマンスを発揮するリアルスポーツだ。


写真: 最多積載数2個

フロントにトランクをもつケイマンだが、リアにもかなりのラゲッジスペースをもつ。ハッチを開け、リアガラスに沿うような角度で縦に2個積見込むことができる。ただしあまり太いバッグだとハッチが閉まらない。

変則的だが、ここでは同世代のボクスターの

変則的だが、ここでは同世代のボクスターのリア・ラゲッジスペースを紹介したい。開口部は狭いが左右が深くえぐられているため、GDOオリジナルバッグのように細身のバッグに限り、1個積載することが可能。


  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  3. 3
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  4. 4
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  5. 5
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  6. 6
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  7. 7
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  8. 8
    DRIVE
    2014/06/17

    ホンダ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  9. 9
    DRIVE
    2014/07/15

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  10. 10
    DRIVE
    2015/04/23

    人気SUV中古車編~キャディバッグ、入るか入…