DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

試乗レポート

すべての性能を革新して、生まれ変わった
プジョー308/308SW(ステーションワゴン)を試乗。

かつてフランス車は他の欧州車とも日本車とも異なる、シンプルでユニークなクルマづくりを得意としてきた。無理に豪華に見せようとしない割り切りこそがフランス車を魅力的に見せていた。最近では自動車ビジネスがグローバル化し、世界中のクルマが似通って、フランス車もその波にのまれつつあったが、今回テストした新世代プジョーからは“それじゃいかん”という原点回帰への決意を感じた。ゴルファー目線でお伝えする。

プジョー308がモデルチェンジした。プジョーは真ん中がゼロの3ケタ数字を車名に用いるのを通例をしている。かの有名なポルシェ911は当初901という車名でデビューするはずだったものの「真ん中ゼロはうちのもの」とプジョーからクレームが入ったため、やむなく911としたのは有名な話だ。プジョー3シリーズは、モデルチェンジの度に……306、307、308と数字が増えてきたが、今回は再び308として登場。数字打ち止めの理由は定かではないが、309というモデルは過去に存在したし、ひとつ飛ばして310となると自ら“真ん中ゼロ”という通例から外れてしまう……といったところか。

プジョー308 Cielo(ハッチバック

プジョー308 Cielo(ハッチバック)

この新型308はゴルファーにどんな価値をもたらすかーーという視点で試乗すると、浮かび上がってくるのは、経済性とユーティリティー性の高さだ。
順を追ってお伝えしよう。まず経済性の高さから。日本仕様の新308には1.2リッター直3ターボという新しいエンジンが採用された。近頃このクラスの欧州車は、VWゴルフが流行させた高効率のダウンサイジング・コンセプトを取り入れるモデルが多く、1.2~1.6リッターのターボエンジンを積むことが多い。
プジョーもその流れにのって1.6リッター自然吸気エンジンから1.2リッター・ターボエンジンにスイッチしたのだが、排気量を減らすだけではなく、シリンダー数も減らし、4気筒から3気筒としたのが特徴。一般的にシリンダー数が少ないほうが部品点数が少なく機械的なフリクションが減るほか、軽量化にもつながるので、効率は高まる。日本の軽自動車が総じて3気筒なのはそのためだ。

プジョー308 SW Premium(ス

プジョー308 SW Premium(ステーションワゴン)

実際、308の新エンジンは最高出力130ps/5500rpm、最大トルク23.5kgm/1750rpmと、十分なパワーを発揮しながら、JC08モード燃費は16.1km/Lと、最大のライバルであるVWゴルフほどよくはないが、従来のプジョー車からは考えられないほど立派な燃費性能を誇る。もちろん、燃費向上はボディ自体を大幅に軽量化したり、ようやくアイドリング・ストップ機能を付けたりという総合的な努力の積み重ねによるものだが、エンジンの功績は小さくない。

  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  3. 3
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  4. 4
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  5. 5
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  6. 6
    DRIVE
    2014/06/17

    ホンダ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  7. 7
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  8. 8
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  9. 9
    DRIVE
    2014/07/15

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  10. 10
    DRIVE
    2015/06/11

    男子プロゴルファーのクルマ 第1弾