DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

試乗レポート

バイエルンが新しく世に問う偶数モデル
BMW 4シリーズ グラン クーペに試乗

大幅にモデルラインナップを増やしているBMW。新しく設定した「グランクーペ」とは「大きなクーペ」。同社の場合、大雑把に言うと4ドアクーペを意味する。初めに6シリーズに設定され、続いて4シリーズにも追加された。単に4ドアというなら元々3シリーズ、5シリーズとして存在する。では、グランクーペとはいったいどういうモデルなのか? ゴルファーにとってはどうか? 箱根のワインディングロードで試乗した。

文/塩見 智 写真/篠原晃一

BMW 4シリーズ グラン クーペを紹介する前に、少し整理をしたい。4シリーズというのは、BMWの新しいモデルラインだ。これまで3シリーズ・クーペ、3シリーズ・カブリオレと呼ばれていたモデルが、現行世代から4シリーズとして独立した。セダンとツーリング(ステーションワゴン)が3シリーズのままで、クーペ、カブリオレが4シリーズになったということだ。ちなみに、走りの性能を高めたスペシャルモデルのM3も2ドアクーペはM4となった。また、5シリーズのクーペ系が6シリーズに、1シリーズのクーペ系が2シリーズと呼ばれるようになった。要するに、奇数が従来からあるコンサバ系モデルで、偶数が言ってみればオルタナティブ系モデルだ。

4シリーズ グラン クーペというのは、2ドアの4シリーズ クーペを4ドア化したモデルだ。「2ドアクーペを4ドア化したら、それは3シリーズセダンじゃないのか?」と言われるかもしれないが、微妙に違う。BMWによると、グラン クーペはクーペを4ドア化しただけでなく、車高を12mm上げ、ルーフライン(横から観た時のルーフの稜線)を112mm延長することで、デザインを損なうことなく居住性を高めたモデルだ。元々4シリーズは、操縦安定性の向上と見た目の迫力アップのため、3シリーズに比べ前後トレッド(左右輪の幅)が30~40mm幅広いのだが、グラン クーペにもそれは引き継がれている。つまり、同じ4ドアではあるが、グラン クーペは3シリーズセダンよりも低く、幅広い。

セダン、ツーリング、クーペ、カブリオレ、グラン クーペといろいろなモデルがあるが、意外にもホイールベースは2810mmで同一。4ドアセダンと4ドアクーペをつくり分けるなど、同じプラットフォームを使ってさまざまなモデルを生み出すのは、今やプレミアムブランドのトレンド。いやトレンドからもはや新常識となった。2005年にメルセデス・ベンツがEクラスをベースにCLSという4ドアクーペを生み出したのが発端。そうそう、3/4シリーズには3シリーズ グランツーリスモというモデルラインが存在する。これは3/4シリーズ中、唯一ホイールベースが2920mmと110mm長く、リアを中心に居住性を高めたモデル。立派なクルマを好む中国市場には、3シリーズ セダンにもホイールベースをストレッチした「Li」というバージョンが存在するのだが、せっかく存在するそのロングホイールベース版を用いてつくったユーテリティーモデルといったところか。ともあれ、BMWの「細かく分けると日本仕様の3/4シリーズだけで100モデル(グレード)以上存在する」という説明にひっくり返りそうになったのであった。

  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  3. 3
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  4. 4
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  5. 5
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  6. 6
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  7. 7
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  8. 8
    DRIVE
    2014/06/17

    ホンダ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  9. 9
    DRIVE
    2015/06/25

    女子プロゴルファーのクルマ 第3弾

  10. 10
    DRIVE
    2015/04/23

    人気SUV中古車編~キャディバッグ、入るか入…