COURSE NAVI一度は訪れる価値のある感動のコースをピックアップ

ATPツアー25戦目の会場 静ヒルズカントリークラブ

レギュラーツアーを目指すプロ、研修生の登竜門
ミニツアー開催コースでマネジメント力を磨く!

プロを目指す研修生やレギュラーツアーでの活躍を目標にするプロが試合経験を積むための舞台として、日本国内では「ATPツアー」というミニツアーが開催されている。アマチュアゴルファーもミニツアー開催コースでプレーすればスキルアップ、腕試しになるに違いない。この企画では同ツアーに出場する角田浩導プロが開催コースの攻略法を伝授する。2回目はATPツアー25戦目の会場、静ヒルズカントリークラブだ。

コースナビゲーター 角田浩導プロ

マンハッタンインベストメント所属。1971年10月10月生まれ、神奈川県出身。実家が練習場だったことがきっかけで23歳からゴルフを始める。トップアマとして活躍し、2007年は神奈川県アマチュアゴルフ選手権で優勝、翌2008年には全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権でも優勝を飾る。2011年にプロ転向。2004年にタレントの梶原真弓さんと結婚。ゴルフショップ「フルスイング」代表取締役。

18の顔がある!中嶋常幸設計コース

常磐道那珂ICから11㎞の場所にある静CCは、中嶋常幸プロが設計監修したコースです。それぞれのホールにストーリー性、ドラマ性を持たせたいというコンセプト通り、各ホールに個性があり、プレーヤーを飽きさせません。また、1つのホールには攻略ルートが複数設定されており、攻めるか、守るかというマネジメントの楽しさを味わうこともできます。攻略ルートがいくつかあるということは、幅広いレベルのゴルファーが楽しめるということも意味しています。

スキルアップに最適なPar3コース隣接

ミニツアー以外にも、これまで様々なトーナメントが開催されてきました。2008年は日本プロゴルフシニア選手権、また男子ツアーのチャレンジトーナメント「静ヒルズトミーカップ」も2007年から6年間開催しました。設計時から、トーナメント開催を想定し、ギャラリーが観戦しやすいようなレイアウト、ロケーションにしている点も特徴といえますね。
静ヒルズCCは練習施設も充実。アプローチ、バンカー練習場はもちろん、18ホール以外に全9ホールのパー3コースも隣接しています。スキルアップを目指すプレーヤーには足を運んでもらいたいコースのひとつです。


  1. 1
    COURSE NAVI
    2014/08/07

    通常スタート時間のスループレーを楽しむゴルフ…

  2. 2
    COURSE NAVI
    2014/06/04

    飯能グリーンカントリークラブが誇る「C.A.…

  3. 3
    COURSE NAVI
    2014/08/28

    隠れた日本の名コース ロペ倶楽部

  4. 4
    COURSE NAVI
    2014/06/17

    1日2ラウンドで短期集中レベルアップ!

  5. 5
    COURSE NAVI
    2014/10/09

    隠れた日本の名コース 久邇カントリークラブ(…

  6. 6
    COURSE NAVI
    2014/07/15

    笑顔!元気!走る!がモットー美奈木ゴルフ倶楽…

  7. 7
    COURSE NAVI
    2014/04/24

    河川敷コースにはレベルアップのヒントが盛りだ…

  8. 8
    COURSE NAVI
    2016/09/08

    「大地の巨匠」六甲国際ゴルフ倶楽部

  9. 9
    COURSE NAVI
    2014/01/23

    トップアマの頭の中を覗いてみよう!パー4に隠…

  10. 10
    COURSE NAVI
    2014/05/14

    プレーヤーの五感を刺激する滑らかな転がりゴル…