COURSE NAVI一度は訪れる価値のある感動のコースをピックアップ

アスリート的ゴルフのススメ 

1日2ラウンドで短期集中レベルアップ!

1日1.5ラウンドなんて当たり前。アスリートゴルファーを名乗るなら1日2ラウンドはやらないと。本格的な夏を前に朝夕ならまだ涼しく日照時間が長いこの時期に2ラウンドやらない手はない。意外にも最近はゴルフ場側も、そういったプランを用意している箇所が急増中。1日2ラウンドプレーを体験してきた!

取材協力:土浦カントリークラブ/ワンウェイゴルフクラブ

1日2ラウンドのメリットとは!?

日本のゴルファーのアマチュアレベルは世界的に見て低いと言われている。その大きな要因が練習環境にある。アメリカをはじめとする土地に余裕のある海外では芝から打てる練習場が多い。それと比べて、土地や気候的なことも含めて、日本の練習場で芝から打てるところはわずか。では、どうすればいいのかというと、答えはラウンドで練習する方法。そこで最適なのが1日2ラウンドだ。たった1ラウンドでは芝の感覚に慣れてきた頃に終了といった感じになる。1ラウンド目の感覚を体に染みこませるのが2ラウンド目の役割なのだ。

そもそも1日2ラウンドって可能なの!?

“1日2ラウンド”と聞くと、そんなの無理無理と思う人も多いだろうが、そんなことはない。日照時間の長い時期はゴルフ場にとっても繁忙期で、早朝プレーや午後スルーなど様々なプランが用意されている。そんなプランを上手く組み合わせれば、同じコースで2ラウンドというやり方の他に、今回体感したような近隣コースで2ラウンドというケースも十分可能。また、通常時間のプレー料金よりも朝と午後のスルーは料金が安く設定されているコースが多いのも嬉しい点だ。

今回ラウンドした、土浦CCとワンウェイGC共に、午前スルー、午後スルーのプレープランを用意している。

エネルギー補給、水分補給は十分に!

午前スルーや午後スルーなどを設定しているコースはカートでプレーがほとんど。とは言え、最後は体力勝負になることは間違いない。プレー中に簡単に食べられるものや、スポーツドリンクなどは事前に準備しておくことがおすすめ。特にこれからの暑い時期は、朝で涼しいからと言っても油断は禁物。早め早めの対策がアスリートゴルファーとしての心得と言える。簡易的なクーラーボックスなどがあるとより快適なプレーができるかもしれない。

プレー中に簡単に食べられるものや、スポー

プレー中に簡単に食べられるものや、スポーツドリンクなどは事前に準備しておくことがおすすめ

1日2ラウンドだから見えてくる課題

1日2ラウンドすると自分のウィークポイントが明確になることは間違いない。例えばティショットのドライバーに関しても1ラウンドなら最大で14回しか打てない。それだけでは自分の悪い点は見えてこない。1日2ラウンドには様々なスキルアップの可能性があり、例えば後半はドライバーを使わないでラウンドしてスコアの比較をしてみるとか、前半はアイアンの偶数番手、後半は奇数番手だけでプレーするなど、普段はできない実戦的な練習ができる。では実際に1日2ラウンドを体験してみよう!

  1. 1
    COURSE NAVI
    2014/08/07

    通常スタート時間のスループレーを楽しむゴルフ…

  2. 2
    COURSE NAVI
    2014/05/14

    プレーヤーの五感を刺激する滑らかな転がりゴル…

  3. 3
    COURSE NAVI
    2014/08/28

    隠れた日本の名コース ロペ倶楽部

  4. 4
    COURSE NAVI
    2014/06/04

    飯能グリーンカントリークラブが誇る「C.A.…

  5. 5
    COURSE NAVI
    2014/01/09

    トップアマの頭の中を覗いてみよう!パー5に隠…

  6. 6
    COURSE NAVI
    2014/08/14

    ゴルファーのニーズに合わせ幅広い年代のキャデ…

  7. 7
    COURSE NAVI
    2014/07/15

    笑顔!元気!走る!がモットー美奈木ゴルフ倶楽…

  8. 8
    COURSE NAVI
    2014/10/16

    7730y&高速グリーンでコースレートNo1…

  9. 9
    COURSE NAVI
    2014/12/04

    あったかゴルフ企画、沖縄でゴルフがしたい!第…

  10. 10
    COURSE NAVI
    2016/06/23

    合言葉はランチ!至福のゴルフと至福の食事[東…