COURSE NAVI一度は訪れる価値のある感動のコースをピックアップ

大地の巨匠

原風景を印象的に際立たせ、ドラマティックな戦略を宿す
悪魔のゴルフ設計家と呼ばれた男、ピート・ダイ

ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップが開催されるTPCオブ・ソーグラス(スタジアム・コース)はピート・ダイが設計したコース。この地でのトーナメント開催が決まると、あまりの難しさにクレームを付ける選手が続出したそうだ。きみさらずゴルフリンクスをプレーすれば、その気持ちが理解できるのではないか。ピート・ダイがそれほど難度の高いコースをデザインするのは彼の設計思想に起因している。

取材協力/きみさらずゴルフリンクス
ライター/小澤裕介 カメラマン/落合隆仁

トップアマとして活躍した経歴

1925年米国オハイオ州アルバーナ生まれのピート・ダイは5歳からゴルフを始めた。学生時代は著名なアマチュアゴルファーとして活躍し、オハイオ・ハイスクール選手権、インディアナ州アマチュア選手権、インディアナポリス地区選手権で優勝を挙げたほか、米国アマチュア選手権、全米オープン、全米アマ、全英アマなどにも出場している。元々は保険のセールスマンだったが、1955年にコース設計家に転身したというユニークな経歴の持ち主だ。

13H・Par4・380Y

13H・Par4・380Y

偉大な功績の陰に内助の功

ちなみに、彼の妻・アリス夫人も全米女子オープンに出場経験のあるトップアマで、ダイ設計コースの多くで彼女の意見が反映されているそうだ。後述するが、ダイ設計の代名詞ともいえる「アイランドグリーン」のアイディアも妻のアドバイスから誕生したという。実際、彼自身も「私の設計の仕事はアリスのおかげで成り立ってきた。私がレイアウトを思考している時、彼女はプレーヤーの立場でアドバイスしてくれる」というコメントを残している。

1H・Par4・395Y

1H・Par4・395Y

世界的に評価される名設計家

ダイは近代ゴルフに最も影響を与えた設計家といわれ、世界中に120コース以上をデザイン。多くは米国PGAツアー、LPGAツアーはもちろん、ライダーカップ、ソルハイムカップの会場として使用されており、米国主要ゴルフ専門誌のコースランキングでは常に上位に彼が作ったコースが名を連ねるほど。これらの功績が評価され、2008年には世界ゴルフ殿堂入りを果たしている。

2H・Par3・203Y

2H・Par3・203Y


  1. 1
    COURSE NAVI
    2014/08/07

    通常スタート時間のスループレーを楽しむゴルフ…

  2. 2
    COURSE NAVI
    2014/08/28

    隠れた日本の名コース ロペ倶楽部

  3. 3
    COURSE NAVI
    2014/06/04

    飯能グリーンカントリークラブが誇る「C.A.…

  4. 4
    COURSE NAVI
    2014/07/15

    笑顔!元気!走る!がモットー美奈木ゴルフ倶楽…

  5. 5
    COURSE NAVI
    2014/05/14

    プレーヤーの五感を刺激する滑らかな転がりゴル…

  6. 6
    COURSE NAVI
    2014/10/16

    7730y&高速グリーンでコースレートNo1…

  7. 7
    COURSE NAVI
    2014/10/02

    隠れた日本の名コース ジャパンPGAゴルフク…

  8. 8
    COURSE NAVI
    2014/06/17

    1日2ラウンドで短期集中レベルアップ!

  9. 9
    COURSE NAVI
    2014/09/04

    伝説のアマチュアゴルファー中部銀次郎を生んだ…

  10. 10
    COURSE NAVI
    2014/05/27

    隠れた日本の名コース 北海道・後編