COURSE NAVI一度は訪れる価値のある感動のコースをピックアップ

最初の罠はティグラウンドの向き

富士ゴルフコース 10H・191Y・Par3
パー3ホールに臨む際、まず注意してもらいたい点が、ティグラウンドがどこを向いているかです。特に2グリーンを採用しているコースのパー3ホールではティグラウンドが真ん中を向いているケース、どちらかのグリーンを向いているケースがあります。
このホールのティグラウンドは右のグリーンに向けて作られています。ですから、左側のグリーンへティショットを打つ場合は、右を向いているティグラウンドに対して左向きに構えなければいけなくなります。

富士ゴルフコース 10H・191Y・P3

富士ゴルフコース 10H・191Y・P3

これに気付かずにアドレスするとボールを前にして違和感があり、スクエアに構えることができません。当然、ミスショットの確率は高くなります。ティショットで「あれ?なぜか構えづらいな」と感じる時は、ティグラウンドがグリーンに正対していないかチェックしてみてください。
私の場合、アドレスに入る前に、5~7メートル後ろに立ってティグラウンドの全体の形状を確認しています。どちらに向いているか認識した上で構えるだけでミスの確率を大幅に減らすことができます。

富士ゴルフコース 10H・191Y・P3

富士ゴルフコース 10H・191Y・P3


短いクラブのティショットには思わぬ落とし穴が!

さいたま梨花カントリークラブ 14H・82Y・Par3
レギュラーティからの距離はなんと82ヤード! ショートアイアンどころかウエッジでグ
リーンを狙える距離ですよね。距離だけを見れば、「1オンは確定。ピンをデッドに狙ってバーディを獲りたい!」と思うのがプレーヤーというものです。しかし、そんなプレーヤーの心理を巧みに突くように罠が仕掛けられています。ティグラウンドに立つと目に入ってくるのはグリーン手前から左サイドにかけて横たわる池――。さて、このホールにはどんな落とし穴があるのでしょうか。

さいたま梨花カントリークラブ 14H・8

さいたま梨花カントリークラブ 14H・82Y・P3

狙う距離が短ければ、「ピンをデッドに狙いたい!」という意識が強くなるもの。しかし、気持ちが入れば入るほど力みやすくなり、ダウンスイングで右手を思い切り返してボールが左方向に飛びやすくなります。しかも、ロフト角が大きい短いクラブは元々、つかまりの良いクラブ設計ですから余計、左に行きやすいわけです。このホールでいえば、左にミスすれば池に入ってしまいます。
ちなみにこのホール、グリーン周りはどこから打っても逆目。チャックリしやすい状況です。逆目からアプローチする場合はウエッジではなくユーティリティなどでパターのように転がすと安全です。

さいたま梨花カントリークラブ 14H・8

さいたま梨花カントリークラブ 14H・82Y・P3


  1. 1
    COURSE NAVI
    2014/08/07

    通常スタート時間のスループレーを楽しむゴルフ…

  2. 2
    COURSE NAVI
    2014/06/04

    飯能グリーンカントリークラブが誇る「C.A.…

  3. 3
    COURSE NAVI
    2014/10/16

    7730y&高速グリーンでコースレートNo1…

  4. 4
    COURSE NAVI
    2014/04/24

    河川敷コースにはレベルアップのヒントが盛りだ…

  5. 5
    COURSE NAVI
    2014/05/14

    プレーヤーの五感を刺激する滑らかな転がりゴル…

  6. 6
    COURSE NAVI
    2014/01/23

    トップアマの頭の中を覗いてみよう!パー4に隠…

  7. 7
    COURSE NAVI
    2016/10/13

    コースデザイナー川田太三氏が語る設計意図[鮎…

  8. 8
    COURSE NAVI
    2014/08/28

    隠れた日本の名コース ロペ倶楽部

  9. 9
    COURSE NAVI
    2014/11/06

    隠れた日本の名コース 奈良カントリークラブ(…

  10. 10
    COURSE NAVI
    2014/12/04

    あったかゴルフ企画、沖縄でゴルフがしたい!第…