COURSE NAVI一度は訪れる価値のある感動のコースをピックアップ

ショートアイアンでティショットが打てるのに大叩きするのはなぜ?

トップアマの頭の中を覗いてみよう!パー3に隠された罠と攻略法

150ヤードに満たないホールや1番手下げて打てる打ち下ろしホールなど、一見「パーは確実だ!」と思えるパー3。しかし、実際にプレーしてみるとダボやとトリだった…。そんな経験は誰にでもあるはずだ。距離が短いのに大叩きしてしまうのはなぜ? トップアマの和田貴之さんにパー3に隠された罠とマネジメント方法を教えてもらった。

和田貴之
ゴルフ歴:36年 HDCP:+2 ドライバー飛距離:270y
主な戦績:埼玉社会人アマチュアゴルフ選手権優勝(2011年、2010年)、関東ミッドアマ9位(2007年)。ゴルフダイジェスト・オンラインのレッスンコンテンツ「トップアマチュアゴルファーのコース攻略」でも自身のコースマネジメントを紹介している。

ショートホールは距離が短く、1オンできるチャンスがあるため、「グリーンを外してもパーは確実に取れるだろう。1オンすればひょっとしたらバーディが獲れるかも」という期待を持ちながら臨むケースが多いもの。しかし、「1オンしたのに3パットしてしまった」「グリーンを外して、上がってみたらダブルパー」ということも珍しくありません。ショートホールは短い分、「簡単に攻略させまい」という設計者の意図があるのです。

それに、コース設計の際に、起伏が激しいホールや崖のあるところなど、敷地内のもっともコースを作りづらいところにパー3ホールをレイアウトしなければいけないケースも多いようです。そう、パー3にはたくさんの落とし穴が隠されているということです。
ただし、短いクラブでグリーンを狙えますし、乗せるエリア次第ではバーディチャンスにつけられるのも事実。正しいマネジメントで攻めれば、必ず攻略できます。今回は、実際のコースを例に、パー3ホールのティグラウンドに立った時に私が何を考えているかをご紹介します。

  1. 1
    COURSE NAVI
    2014/08/07

    通常スタート時間のスループレーを楽しむゴルフ…

  2. 2
    COURSE NAVI
    2014/08/28

    隠れた日本の名コース ロペ倶楽部

  3. 3
    COURSE NAVI
    2014/07/15

    笑顔!元気!走る!がモットー美奈木ゴルフ倶楽…

  4. 4
    COURSE NAVI
    2014/06/04

    飯能グリーンカントリークラブが誇る「C.A.…

  5. 5
    COURSE NAVI
    2014/11/13

    隠れた日本の名コース 橋本カントリークラブ(…

  6. 6
    COURSE NAVI
    2014/06/17

    1日2ラウンドで短期集中レベルアップ!

  7. 7
    COURSE NAVI
    2014/10/16

    7730y&高速グリーンでコースレートNo1…

  8. 8
    COURSE NAVI
    2014/07/24

    レギュラーツアーを目指すプロ、研修生の登竜門…

  9. 9
    COURSE NAVI
    2016/06/23

    合言葉はランチ!至福のゴルフと至福の食事[東…

  10. 10
    COURSE NAVI
    2014/01/23

    トップアマの頭の中を覗いてみよう!パー4に隠…