プレー&レッスン最新理論から手軽にできるメソッドまで、上達に役立つ内容が盛りだくさん

今年から始まる「PRGR RS CUP」
『PRGR RS CUP』でゴルフ競技の魅力が味わえる!

「ダブルス」がスコアアップにつながる理由

「レベルアップを目指すアマチュアへ競技の魅力を知ってもらいたい」と、今年から始まった『PRGR RS CUP』。プロと同組でラウンドするシングルス部門とダブルス部門が設けられており、目的に合わせた競技を楽しむことができる。現在は予選大会のまっただ中だが、その中で実際にダブルス部門に出場しているゴルファーにその魅力を聞いた。

大会オリジナルのスクランブル方式を採用

パー4のセカンドショット地点。ピンのポジ

パー4のセカンドショット地点。ピンのポジションやライ、得意な番手などを相談しながら念入りにボールを選ぶ

『PRGR RS CUP』のダブルス戦では、オリジナルのスクランブル方式が採用されている。ティーショットは2人が打って良い方を選択、そこからまた2人が打つというルールに変わりはないが、1人最低7ホールはティーショットを採用しなくてはならない。また、ボールをプレースする場所も「1クラブレングス以内で、ホールに近づかない場所」だから、より有利なライからショットが打てる。ほどよいルールの縛りがあるため、2人で相談しながらプレーを進められるなど(ただし、バンカーはバンカー、ラフはラフに限る)、ゲーム性はさらに増す。ダブルス競技を、より楽しめるようになっている。
では、なぜ、「ダブルス」に技術向上につながるエッセンスが含まれているのか。
まず、70台、60台という自分ひとりでは難しいスコアを出すことが大きな経験値になるからだ。共同作業による疑似体験とはいえ、成功体験を積み重ねたことで生まれた自信、技術をフィードバックしていくことで「ゴルフ力」を高めることができるわけである。
さらに、ひとつのボールを前にして相談しながらプレーを進めるこの特殊なスタイルは、良いショットでチャンスを作るとともに、大きなミスを犯さないことも重要な要素。パートナーがハザードに打ち込めば、危険を避けてベストポジションにボールを運ぶ。ピン奥の下りラインにつければ、上りのラインを残す。スコアメイクの王道を歩みながら、「コースマネジメント」の能力を養い、その重要性を認識できる。逆に、最初のショットでパートナーがある程度の良いポジションにボールを運べば、普段は選択しないようなアグレッシブなルートに挑戦するのもいい。自分の可能性や限界を感じる良い機会になるだろう。

【関連リンク】


-




  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  3. 3
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  4. 4
    ギア
    2014/04/24

    FWリシャフトで「プチ整“尺”」が増殖中!

  5. 5
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  6. 6
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  7. 7
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  8. 8
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  9. 9
    ファッション
    2015/10/01

    ゴルフ帽子を大調査!プロSnap ファッショ…

  10. 10
    ギア
    2016/12/01

    “カチャカチャ機能”、本当に生かしきれてる?