プレー&レッスン最新理論から手軽にできるメソッドまで、上達に役立つ内容が盛りだくさん

アイアンとの違い

ドライバーは若干早めに返す
(=グリップエンドを引く)!

飛ばすためには“つかまった球”を覚えるということが大切だとわかった。そこで次に疑問に湧くのがドライバーとアイアンで打ち方は同じなのか? という点。クラブの構造が違うので、実際に切り返すタイミングも違いがあるのではないか、工藤プロに聞いた。

ドライバーの返し(=引き)は“ちょい早”!

「結論からいうと、ドライバーもアイアンもスイングは同じです」と語る工藤プロは、次のように解説した。
「ドライバーはアイアンと違い、長さがある分、同じ手首の動きをしてもヘッドは返りにくいものです。しかし、その分シャフトのトルク(捻る動き)で調整してくれています。アイアンと同じスイングでも、トルクの動きでヘッドは同じように返ります。強いて違いを挙げるなら、ドライバーはそのトルクを同調してあげる動きが大切。アイアンより少しヘッドを返す(=グリップエンドを引く)タイミングが早いと、よりつかまりがよくなります」とのこと。

インパクトの瞬間、フェースはやや閉じ気味

インパクトの瞬間、フェースはやや閉じ気味でOK!

アイアンは“やや遅め”!

実際どのタイミングで手首が返る(=グリップエンドを引く)動きをすればよいのか?
「最下点が理想です。ただ、ドライバーとアイアンでのボール位置の違い(ドライバーは左足寄り)で、実際ボールが当たるタイミングはドライバーの方が遅くなります。つかまりを覚える段階では、ドライバーは最下点よりやや早めの方がちょうど良いと思いますね」とアドバイスしてくれた。これから“つかまった球”を覚えたいゴルファーには、やや早めに手首の返しが必要のようだ。

インパクトの瞬間、ややフェースが開き気味

インパクトの瞬間、ややフェースが開き気味でOK!(直後に閉じていくイメージ)

それでも、フェースの回転は同じくらい!

「構造上、アイアンはドライバーより反応が早いです。またロフト角もあるので、もともとつかまりやすい形状。その点を考えると、ウッドは返しすぎるくらいでOKです」という。スイングは同じでもそれぞれクラブの特性で、手首の返しのタイミングは異なるようだ。

同じようにスイングしても、長い分ドライバ

同じようにスイングしても、長い分ドライバーの方が遅れて返ってくる

飛ばないけれど、“コントロール系”も覚えよう!

「ドライバーショットでも、今回のテーマである、飛ばすための“つかまった球”を覚えたら、次にショートアイアンのようなコントロールショットも必要になってきます。手首をなるべく返さないスイングです。これは先程の返すスイングよりも飛距離は落ちますが、スライス回転になるので方向性の面ではケガは少ない、まさにコントロールしやすいショットといえます」と工藤プロ。

ややヒザの高さをキープしたまま降り抜く(

ややヒザの高さをキープしたまま降り抜く(左下図:通常スイング)



  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  3. 3
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  4. 4
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  5. 5
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  6. 6
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  7. 7
    ギア
    2014/04/24

    FWリシャフトで「プチ整“尺”」が増殖中!

  8. 8
    ギア
    2014/10/16

    「2ボールパター」再ブレイクの兆し

  9. 9
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  10. 10
    ギア
    2018/03/29

    [PR]「ファラオ ジャパンプライド ドライ…