プレー&レッスン最新理論から手軽にできるメソッドまで、上達に役立つ内容が盛りだくさん

次の初優勝は、この2人…!?

岡村咲&山村彩恵の「キマリゴト」

渡邉彩香にも負けない、若手パワフルゴルファー2名をご紹介! 女子ツアー屈指の飛距離を誇る2人の若き有望株。岡村咲&山村彩恵。次に初優勝を果たすであろう要注目の2人が考える飛ばしの「キマリゴト」とは!?

岡村咲--2つの「キマリゴト」

1. フィニッシュを目がけて振る
2. 弾道レールに沿って“目線”を動かす


1.フィニッシュを目がけて振る

全身に力が入ると体がスムーズに動かないので、飛距離を出したい時こそ力を抜くように意識しています。アマチュアゴルファーの皆さんに多いのが、切り返しからボールを打ちに行くようなダウンスイングをすること。これでは腕に力が入り、アウトサイドからクラブが下りてくるなどして球がつかまりません。飛ばしには、上体の力が抜けたスムーズな切り返しが重要だと思っています。私が実践しているのは、トップからボールではなく、フィニッシュを目がけて振ることです。ボールは通過点に過ぎません。すると上体の力が抜け、左足の内側に体重が乗ったキレイなフィニッシュがとれるはずです。インサイドから振ろうとか、シャフトを立て下ろすとか考えるよりも、フィニッシュを目指して振るイメージでスイングするとスムーズになります。

2.飛球線に沿って“目線”を動かす

アマチュアゴルファーのスイングを見ていてもう一点、気になることがあります。それはインパクト前後にすぐボールの行き先を見る人が多いことです。ダウンスイングから首が起き上がり、インパクトでは首が完全に起き上がってしまっている人もいるようです。ヘッドアップや前傾角度が崩れてダウンスイングで体が浮いてしまう大きな原因のひとつが、目線の動かし方。私がイメージしているのは、飛球線上に架空のレールがあるとしたら、そのレールに沿って順々に目線を動かすようにしています。こうすると体の起き上がりなども防げて、スムーズに動かすことができるのです。首の角度はアドレス時のまま変えずに、目線だけ動かしていくことがポイントです!


山村彩恵--2つの「キマリゴト」

1. トップでクラブが「ストン」と落ちるくらいでOK!
2. 「左足」の拇指球と「腹筋」で振り抜く


山村彩恵の飛ばしのメソッド

詳しくはコチラのサイトにて
【スタイルNeo-Athlete】このSPEED感は、武器になる! 山村彩恵を支える「JETSPEED」




  1. 1
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  2. 2
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  3. 3
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  4. 4
    ギア
    2014/06/19

    雨の日に強いシューズはどれ?

  5. 5
    ギア
    2014/04/24

    FWリシャフトで「プチ整“尺”」が増殖中!

  6. 6
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  7. 7
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  8. 8
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  9. 9
    ファッション
    2015/10/01

    ゴルフ帽子を大調査!プロSnap ファッショ…

  10. 10
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!