ライフスタイルプロ選手やタレントインタビューやさまざまなゴルファーの情熱あふれるエピソード

全米オープン、松山プロ応援企画

松山英樹プロと過ごす夢の時間

世界4大メジャートーナメントの一つとして数えられている全米オープン選手権。その大舞台の頂点を目指し戦った大会最終日、松山英樹プロがサプライズ登場。会場は熱気に包まれ特別な交流会がスタートした。

会場には「チーム松山」も登場。思いがけないサプライズに参加者も大興奮

大会最終日、開催ゴルフ場近くのホテルで開催されたレストランでの交流会。ツアー参加者は、今か今かと待ち望む中、松山プロが登場した。それまで静まりかえっていた会場が歓声と共に興奮と熱気に包まれた。登場した松山プロも、何事かと思うような表情を一瞬見せたが、戦いを終えたばかりの戦士とは思えないほどの穏やかな表情と笑顔を見せていた。会場では、参加者の自己紹介をかねた松山プロへの質問コーナーや○×クイズなどが行われ、報道記者からは聞かれない様な参加者の質問に、困った表情を浮かべながらも終始笑顔で答える松山プロは、世界を舞台に戦う選手でありながらも、参加者には、若干23歳のあどけなさを残す若者に映ったのではないだろうか。また、会場にはPGAツアーで松山プロを支える「チーム松山」のトレーナーを務める飯田光輝さん、通訳のボブ・ターナーさん、そして2012年からキャディを務める進藤大典さんも登場。松山プロを応援するファンにとっては夢のような時間が流れた。

「来年こそは!」と心に決め、一年越しに参加を決意

ツアー参加者男性(52歳)は「昨年本企画をウェブサイトで偶然発見し、企画内容に驚きながらも、仕事の予定を調整するのが難しいしこともあって断念しました。"来年こそは!"と心に決め、同様のツアー開催を勝手に想定し、予定を調整し準備を進めてきました。」

この企画の参加理由の問いに対しては、「PGAツアーで活躍する松山英樹選手のファンの一人です。アマチュア時代にマスターズの参加資格を得た後、東日本大震災でその出場に悩む松山英樹選手の姿をテレビで見て以来、ずっと応援しています。

ゴルフを嗜む者として、一生に一度はPGAメジャートーナメントを観戦してみたいという漠然とした憧れはありましたが、松山プロとの交流が出来ると言うことが、参加を決めた最大の理由です。松山プロのファンなら誰でも、全米オープン試合直後の松山プロとの交流会は、普通では「有り得ない」ことと思われることでしょう。レクサスならではの企画と思い、その期待は益々膨らみました。そして、実際、夢のような体験をさせていただきました。昨年は断念した経緯があります。その後、昨年の全米オープン終了後にアップされた観戦ツアーの様子を見て、あらためてその充実した内容に驚きました。試合観戦の様子、お洒落なレクサステントやレクサス車での送迎。松山プロとの交流会での笑顔や試合での松山プロのプレー等、様々なシーンからその興奮や感動が伝わってきました。

今回、実際に参加してみて松山プロとの交流会は勿論、PGAツアーで戦う松山プロのプレーを生で、しかも初めて見ることができたことだけでも感動しました。今回開催の全米オープン選手権の会場は、素人目にも相当に難しいコースに見えました。各ホールに様々な仕掛けや罠、そして運、不運がありました。プレッシャーのかかる場面でも、冷静かつ果敢にプレーする松山プロや共に戦うキャディの進藤大典さん、ピンチを凌ぐ姿に感動しました。私達は予選2日目からの観戦でしたが、他の日本人選手が徐々にスコアを落としていく中、厳しい状況を耐え抜き、見事、予選通過を果たした松山プロの姿は特に感動的でした。決勝ラウンドでも最後まで全力を尽くす松山プロのプレーする姿は感動を超えて、本当に凄い!と思いました。

一言でいえば、「夢のような一週間」でした。この様な年齢になって純粋な感動を味わえた今回の「松山英樹選手応援ツアー」は私にとって一生の思い出です。今回のツアーでは、初日の市内観光、様々な食事、会場、ホテル、レクサス車でのホテルとゴルフ場までの送迎、レクサスホスピタリティテントでの自由な飲食、そして同行者のお気遣い、ホスピタリティの全てが期待以上でした。」と熱く語ってくれました。

クイズに正解すると、松山プロから試合で使

クイズに正解すると、松山プロから試合で使用する帽子が直接わたされる

初日に行われた市内観光では、スターバック

初日に行われた市内観光では、スターバックス1号店やシアトルの有名ファーマーズマーケットなどを訪れた




  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  3. 3
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  4. 4
    ギア
    2014/04/24

    FWリシャフトで「プチ整“尺”」が増殖中!

  5. 5
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  6. 6
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  7. 7
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  8. 8
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  9. 9
    ファッション
    2015/10/01

    ゴルフ帽子を大調査!プロSnap ファッショ…

  10. 10
    ギア
    2016/12/01

    “カチャカチャ機能”、本当に生かしきれてる?