ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

敷地内にあるテストフィールドで 思う存分、新製品を試打しまくり!

テストフィールドで新製品「TW747」シリーズを試打!
プロさながらのクラブフィッティングまで体験!

工場見学を終えたGDOアンバサダーたちが向かったのは、工場敷地内にあるテストフィールド。そこで新製品「TW747」シリーズを試打して、プロさながらのクラブフィッティングまで体験しました!

広大なテストフィールドは新製品の開発に役立っている

酒田工場の敷地内には奥行350ヤードの広大なテストフィールドがあります。グリーンやバンカーまであるコースさながらの環境で、屋外に向かって打てる室内打席にはスイングロボットまで設置されています。本間ゴルフでは新製品のプロトタイプが完成したら、すぐにこちらに持ち込んでテストされています。クラブの開発現場とテストフィールドが隣接しているのは、クラブメーカーとして理想的なのだとか。オフシーズンには、プロがクラブフィッティングに来ることもあるそうです。

プロのクラブ調整も行っている諏訪工場長が、
アンバサダーに最適クラブをフィティング

そんな広大なテストフィールドを使って、今回はアンバサダーが「TW747」のドライバーからウェッジまでを思う存分に試打する機会を得ました。現地には酒田工場の工場長でありつつ、ときにはプロのクラブ相談やフィティングも行っている諏訪博士さんが登場。アンバサダーに「TW747」のクラブフィッティングを行ってくれました。

弾道調整機能を個人のスイングや弾道に最適化することで、フィッティングを受けたゴルファーの球筋が見る見る良くなって飛ばせるように! これにはゴルファー本人だけでなく、見学しているアンバサダー一同もびっくりしていました!!!!

本間ゴルフのネック調整機能は、シャフトを回さずにスパインを6時方向に保ったまま、ロフト角、ライ角、フェースアングルを調整できる独自の機構になっている


こんなに手間が掛かっているなんて……
工場を見れば、クラブが高価なのも納得できた!

今回の工場見学に参加したアンバサダーたちは、どのように感じたのでしょうか。最後にコメントをいくつかご紹介します。

「手に技を持つ職人さんがたくさんいて驚きました。ゴルフクラブは、機械でもっと簡単にポンポン作られているのだと思っていました」
「しかるべき作業とコストが掛かっているから、ゴルフクラブって高価なんですね。工場で製造現場を見たら、もっと高価でもいいのではないかと思えましたね」
「とても精密に作られていて、日本で組み立てられている本間ゴルフのクラブは本当にいいものだなと感じました」
「カーボンシャフトの製造に、あれほど手間が掛かるとは知りませんでした。これが純正で装着されているならお買い得ですね」
「実はこれまで本間ゴルフのクラブにはあまり興味がなかったのですが、工場を見学してファンになりました。試打したクラブの性能も良かったです!」

古くから続くクラフトマンシップと最新テクノロジーを融合して開発され、職人たちによって精密に組み立てられている本間ゴルフの「TW747」。世のゴルファーがその良さに気づけば、今後は国内にファンを増やすだけでなく、世界中からの評価が高まりそうです。




  1. 1
    ギア
    2018/12/13

    [PR] 本間ゴルフの新ボール「TW-X」は…

  2. 2
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  3. 3
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  4. 4
    プレー&レッスン
    2016/04/08

    日本初!雪上ゴルフ大会

  5. 5
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  6. 6
    ギア
    2018/12/13

    [PR]GDO アンバサダーがHONMA T…

  7. 7
    ギア
    2018/01/18

    [PR]カリスマフィッター鹿又さん直伝!失敗…

  8. 8
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  9. 9
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  10. 10
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…