ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

なぜミスに強い? なぜ曲がらない?

カリスマクラフトマン鹿又芳典がBe ZEAL 535シリーズを解説!

ほとんどのGDO社員が「自分のクラブより飛ぶ!やさしい!」と答えた「Be ZEAL 535」シリーズだが、「芯を外しても曲がらずに飛ぶ」というコメントが多かったのはなぜなのか。カリスマフィッターとしてお馴染みの鹿又芳典氏にテクノロジーを解説してもらった。

ソール溝がギア効果を生んでボールを戻す!

昔のクラブはフェース面にバルジという丸みがついており、トゥ側でヒットすると右に飛び出してもフック回転が、ヒール側でヒットすると左に飛び出してもスライス回転がかかる性能がありました。これがいわゆるギア効果というものですが、最近のクラブはインパクト時のフェース向きなりにそのまま飛んでいく傾向にあります。しかし、「Be ZEAL 535」のウッドクラブはソール側に「GROOVE POWER AREA」という溝を設け、反発エリアを広げただけでなく、打点がズレてもギア効果が生まれるような工夫がされているのです。また、アイアンはフェースに新素材を採用したり、ヘッドとフェースの接合部面積を減少させることで反発エリアを拡大。GDO社員の皆さんが「どこに当たっても飛ぶ」「曲がらない」と感じた大きな理由はここにあります。

前モデルから飛躍的な進化を遂げた!

「GROOVE POWER AREA」の採用により、フェースの反発エリアを拡大、反発力をアップさせている「Be ZEAL 535」のウッドシリーズですが、特徴はそれだけではありません。460ccのヘッドサイズとしながら、シャープさを感じさせるヘッド形状で安心感、やさしさを演出。また、低重心化させることで前モデル以上の高弾道、低スピンを実現し、より大きな重心角でつかまりの良さももたらしています。さらに、全体的に滑らかにしなり戻るシャフトもポイント。振りやすいと感じる大きな要因です。飛距離性能、やさしさに加えて顔と打感の良さも併せ持つ「Be ZEAL 535」は完成度の高いモデルです。


4つのスリットがやさしさと飛びを演出

反発力アップと反発エリアの拡大に貢献しているのは、新素材「HMTチタンフェース」の採用とボディとフェースの接合方法。新素材を使うことで極薄化に成功し、反発力を向上させています。また、従来よりも接合面積を減らしたことが反発エリア拡大の要因。ドライバーなどのウッド系と同様、アイアンにも4つの溝が搭載されているのもポイントです。ソール・トゥ・ヒール・トップブレードの4か所に配置したことで反発性能のアップと軽量化に成功しています。そして、軽量化した分の重量をトゥ、ヒールの両サイドに内蔵することで低深重心に。やさしく高弾道が打てる仕様としています。ミスヒットしてもやさしく飛ばせる「Be ZEAL 535」シリーズはアマチュアゴルファーの頼もしい味方になってくれるはずです。


撮影協力:レンブラントゴルフ倶楽部御殿場

〒412-0033静岡県御殿場市神山1922-1
>>ゴルフ場の詳細・ご予約




  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  3. 3
    ギア
    2016/12/08

    国内女子ツアーで人気のシャフトと最新ヘッド「…

  4. 4
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  5. 5
    ギア
    2018/01/18

    [PR]カリスマフィッター鹿又さん直伝!失敗…

  6. 6
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  7. 7
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  8. 8
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  9. 9
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  10. 10
    ギア
    2014/10/16

    「2ボールパター」再ブレイクの兆し