ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

木下稜介、岩井亮麿

俺たちが例える「こだわりのユーティリティ」

ツアープロの中でも、年々需要が高まっているユーティリティ(以下UT)。次は、使い勝手のよいUTを“こだわりの一本”にあげた二選手をピックアップ!

4.木下稜介

木下稜介 Ryosuke KINOSHITA
(23歳)
所属先:大阪学院大学
生年月日:1991年7月16日
出身地:奈良県
出身校:大阪学院大学
ツアープレーヤー転向:2013年12月3日

【こだわりの一本】
ツアーステージX-UT GR U2(ブリヂストンスポーツ)


「これが理想のユーティリティ!」

「UTはグースが利きすぎているものが多いのですが、このモデルはほとんどストレートでシャープな印象を持たせてくれる形状です。つかまりすぎることなく、食いつく打感、出球のイメージも自分にピッタリのUT。テストの時に1球打っただけで『理想のUTが見つかった!』と思うくらい、すぐに気に入りました」(木下)


「240ヤードを上から狙える“武器”」

「このGRシリーズUTは、上がりやすいのにふけることなく強い球になってくれます。アイアンと同じように球筋をコントロールできるので、240ヤード先のピンを上から狙えるような感覚があります。試合で使える、信頼できる“武器”と呼べる一本です」と語る木下。若きショットメーカーのUTでのショットに、これから一目置いてよさそうだ。

5.岩井亮麿

岩井亮麿 Ryoma IWAI
(28歳)
所属先:ノースショアCC
生年月日:1985年9月26日
出身地:福岡県
出身校:東北福祉大学
ツアープレーヤー転向:2007年12月1日

【こだわりの一本】
MP FLI-HI UT#3(ミズノ)

「困ったときの“頼みの綱”」

「ウッド型ではなくアイアン型のUTをセッティングに入れているのは、球の高低、ドローとフェードの打ち分けなど、球筋のコントロールがしやすいからです。自分のイメージ通りのキャリー、ランで打てるので重宝しています。本当にどうしていいか困ったときの“頼みの綱”ですね」という岩井。近々、TV中継で彼のセカンドショットが注目される日も近い!



  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  3. 3
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  4. 4
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  5. 5
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  6. 6
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  7. 7
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  8. 8
    ギア
    2016/12/01

    “カチャカチャ機能”、本当に生かしきれてる?

  9. 9
    ギア
    2014/10/16

    「2ボールパター」再ブレイクの兆し

  10. 10
    ファッション
    2015/10/01

    ゴルフ帽子を大調査!プロSnap ファッショ…