ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

強風ラウンド、狭いホール、打ち下ろし――

“2ndドライバー”は、こんなシチュエーションで使える!

現在、あなたが使用しているドライバーが飛距離追求型のスペックなら、もう1本の「2ndドライバー」は、エースドライバーの特長と真逆の性能を持つクラブを選択するべき。例えば、エースドライバーが高弾道なら、「2ndドライバー」は中弾道に。ここではそんな「2ndドライバー」が必要なシチュエーションを、鹿又氏に伺った。

アゲインスト、打ち下ろしで

「2ndドライバー」では、中弾道が打てるモデルをチョイス! アゲインストや打ち下ろしのホールでは、低めの弾道でランを稼ぐことができるので、エースドライバーよりも飛距離が稼げる。

右にOBや池があるホールで

ヘッドが大きいドライバーは、重心距離が長いので、ミスした時に右方向に飛び出す確率が高い。右サイドにOBや池がある場合は、ひとまわり小さめの「2ndドライバー」でティショットを打とう!

ドッグレッグで

ドッグレッグホールは、飛距離よりも方向性、タテの距離感を重視したい。右ドッグレッグで右に打ち出してしまえば次打でグリーンを狙えなくなるし、正面に打って突き抜けてしまってもノーチャンス。そんな時こそ「2ndドライバー」の出番だ。

ラフが長くなる夏場に

これからラフが伸びてくる夏場は、フェアウェイキープがスコアメイクのカギとなる。確実にフェアウェイをキープできる「2ndドライバー」でティショットを打った方が得策といえるだろう。

不安定な「3W」より、「2ndドライバー」!

「距離のいらないティショットは、3Wを使うから2本目のドライバーは必要ない」という人もいるはず。しかし3Wのティショットを練習する頻度は少ないし、ヘッドが大きい方が安心感もあり、慣性モーメントも大きくミスをする確率は少ない。鹿又氏曰く「3Wをパー5の2打目しか使っていない人なら、なおさら利用回数が高くなるドライバー二刀流がオススメです」とのこと。



  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  3. 3
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  4. 4
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  5. 5
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  6. 6
    ギア
    2018/03/29

    [PR]「ファラオ ジャパンプライド ドライ…

  7. 7
    ギア
    2014/04/24

    FWリシャフトで「プチ整“尺”」が増殖中!

  8. 8
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  9. 9
    ギア
    2019/11/01

    [PR]ズレない!腰部保護ベルト一体型ゴルフ…

  10. 10
    ギア
    2014/10/16

    「2ボールパター」再ブレイクの兆し