ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

HYBRID & UTILITY SHAFT

[PR] 忍び寄る黒い影ー。その名もGOST

すでに昨年からPGAツアーや国内男子ツアーで複数の選手が使用しており、ギアマニアの間で「あのマットブラックのヤツは何だ?」と話題になっているシャフトがあった。そんな謎に包まれたシャフトの正体が、ついに明らかに!
読者を代表して、GDO BRUDERでモデルを務めるロランと日比野がいち早く試打した。

スチールとカーボンの複合構造
アスリートゴルファーが求めた次世代のユーティリティ用シャフト

「Graphite On Steel Technology」。日本シャフトがユーティリティ用に開発したこの新シャフトは、スチールとカーボンの複合構造になっているのが特徴だ。その頭文字から、通称で「GOST」(ゴースト)とも呼ばれている。
 ユーティリティは、ウッドとアイアンの間に位置するクラブ。ウッドの流れでカーボンシャフトを装着するのが一般的だが、カーボンでパワーヒッターが求める重量にすると、硬くなりすぎるうえに打感がボヤけるといったデメリットある。かたやスチールの場合はどうか。アイアンのように方向安定性と打感には優れるものの、パワーヒットに耐えうる硬さを出すとシャフト自体が重くなりすぎてしまうのが難点だ。


日本シャフトは「NSプロ」や「モーダス3」を代表とするスチールシャフトが有名だが、「レジオ フォーミュラ」といったウッド用の高性能なカーボンシャフトも展開している。スチールとカーボン、両方の性能を知り尽くしている総合シャフトメーカーだからこそ、互いの長所だけを引き出す画期的な複合構造を思いつき、製品化することができた。その完成形がハードヒッターにも対応する今作「Graphite On Steel Technology」。日本シャフトにしか作れない、ユーティリティ用の次世代シャフトだ。

スチールとカーボンには、それぞれメリットとデメリットがあった

PGAツアーで使われている一般的なユーティリティ用カーボンシャフトと、スチールシャフトとの硬さの比較。図の左側がシャフト先端側、右側が手元側となっていて、上下方向は硬さを示している。カーボンシャフトで重さを出すためにはカーボンの積層を多くせざるをえず、そのぶんスチールよりもかなり硬く仕上がってしまう。スチールだと理想的なしなりを実現しやすいが、シャフト自体が重くなる。これらの両者の長所だけを備えるように開発されたのが、「Graphite On Steel Technology」というわけだ。


⇒【NEXT】GDO BRUDERモデルの2人がGOSTを試打インプレッション!




  1. 1
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  2. 2
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  3. 3
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  4. 4
    ギア
    2019/11/01

    [PR]ズレない!腰部保護ベルト一体型ゴルフ…

  5. 5
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  6. 6
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  7. 7
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  8. 8
    ギア
    2016/12/01

    “カチャカチャ機能”、本当に生かしきれてる?

  9. 9
    ギア
    2018/12/13

    [PR] 本間ゴルフの新ボール「TW-X」は…

  10. 10
    ギア
    2019/10/24

    [PR] 忍び寄る黒い影ー。その名もGOST