ギア最新ギアの実力と魅力をあらゆる角度から分析してご紹介

ライター・ツルハラが日本シャフトの担当者に聞く!

日本シャフトの担当者に聞いた “振りやすさ”のヒミツ

新シャフトの“ネオ”を試打したライター・ツルハラが感じたのは、想像していた以上の“振りやすさ”と“クセのなさ”だったという。その理由と従来の“キューゴーマル”からの進化について、日本シャフトの栗原一郎さんに詳しく聞いた。

ツルハラ:打ってみてビックリしました。あまりにも何の違和感もなく、スパーンと振れてヘッドの芯に当てることができたので驚いたんです。実は、打つ前には少し心配していました。

栗原:どのあたりが心配でしたか?

ツルハラ:“ネオ”は、ボールの打ち出し角を上げるシャフトだと聞いていたので、僕にはうまく打てないんじゃないかと懸念していました。もともと僕は、手元がしなるシャフトが好みで、そうでないとボールにうまく当てられないタイプです。高打ち出しのシャフトは一般的に手元側が硬くて先端が動くものが多いので、“ネオ”がそれだったらイヤだな?と思っていました。

栗原:打たれている弾道を見ている限りでは、まったく問題なさそうでしたよ。ストロングロフトの最新アイアンでも“ネオ”の特徴でもある高打ち出しの球を打たれていましたし、アマチュア代表の試打テスターとしてツルハラさんは最適でした(笑)

ツルハラ:とても打ちやすかったです。ボールの打ち出しを上げるためにシャフト先端が動いているはずなのに、振っている本人にはそう感じさせないのがいいですね。切り返しのタイミングをとりやすくて、そのあたりがいい意味で、打つ前のイメージとは違っていました。端的に言うと、“ネオ”はクセがなくて、振りやすいシャフトです。

栗原:クセがないという表現は、とてもうれしいです。従来の“キューゴーマル”は多くのゴルファーにご愛顧いただいたシャフトですから、その定番的な振りやすさを維持するために、“ネオ”は特定部分がしなるシャフトではなく、全体しなりのフィーリングを持つシャフトとして開発しました。それがクセのないフィーリングにつながっていると思います。

ツルハラ:なるほど。この“ネオ”の振り感が嫌だと言う人は、少ないんじゃないかと思います。どんなタイプのゴルファーにも合いそうです。こう言っちゃなんですが、従来の“キューゴーマル”にはアンチ派もいましたもんね(笑)

栗原:そうですね。従来モデルで“キューゴーマル”が合わない一部のゴルファーから指摘されていたのが、シャフトの中折れ感というものでした。“キューゴーマル”は中間部から先端部にかけてが軟らかい設計になっていて、それによって弾きと先端の走りを演出していたのですが、そのしなり特性を心地よく感じないゴルファーもおられました。そこで“ネオ”では中間部をしっかりさせつつ、先端部がシャープにしなり戻るような設計に改善してあります。

ツルハラ:確かに、“ネオ”にはシャープな雰囲気もありますね。そのおかげで球筋をコントロールできる性能が備わっていて、「モーダス3」シリーズに通じる部分が感じられました。それでいて、やさしく打てるところは超軽量シャフト「ゼロス」シリーズにも似ていますよね。


栗原:もともと“ネオ”は、今どきの大型ヘッドや飛び系アイアンの性能をいかして、よりやさしく打てるように開発したシャフトです。けれど、コントロール性が高いことから、マッスルバックのヘッドに装着して使ってくれているプロもいます。これは、うれしい誤算です(笑)

ツルハラ:そういえば、“ネオ”はバット径(グリップサイズ)が標準サイズになりましたよね。従来の“キューゴーマル”はバット側(手元側)が太めなのも特徴のひとつで、これにも好き嫌いがあったように思います。

栗原:“キューゴーマル”を開発した20年前は、シャフトの軽量化と特性のために、敢えてバット径を太く設定しました。ですがこれだと、最近の大型ヘッドと組み合わせて使うにはスムーズなリストターンが難しくなってきました。それに、最近はグリップのバリエーションも増えているので、細めのグリップサイズを好む方も増えています。“ネオ”では標準サイズに改善されています。この点も進化しています!

ツルハラ:これまで“キューゴーマル”は20年間も定番シャフトとしての地位を築いてきましたが、今後これから20年間の定番シャフトと考えると、今回の“ネオ”はとても完成度が高いと思いました。ゴルフと親和性があるグリーンのロゴもいいと思います(笑)

栗原:ありがとうございます! 多くのゴルファーに使っていだけるように、“ネオ”のフレックスはR、SR、S、Xの4種類をラインナップしています。あらゆるヘッドスピードの方に試していただきたいです。末永く、日本シャフトの“ネオ”をご愛顧ください!!!


撮影協力ゴルフ場:ブリストルヒル ゴルフクラブ
住所:〒293-0051千葉県富津市亀沢619番地
電話番号:0439-80-6180
→予約はこちら




  1. 1
    ギア
    2019/11/01

    [PR]ズレない!腰部保護ベルト一体型ゴルフ…

  2. 2
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  3. 3
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  4. 4
    ギア
    2019/11/01

    [PR]ズレない!腰部保護ベルト一体型ゴルフ…

  5. 5
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  6. 6
    ギア
    2019/11/01

    [PR]ズレない!腰部保護ベルト一体型ゴルフ…

  7. 7
    ギア
    2019/10/24

    [PR] 忍び寄る黒い影ー。その名もGOST

  8. 8
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  9. 9
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  10. 10
    ギア
    2018/03/29

    [PR]「ファラオ ジャパンプライド ドライ…