ファッションプレーを支える機能的なウェアから、おしゃれを楽しむアイテムまで勢ぞろい!

オシャレ度ランキング 海外男子編

プロSnap ファッションここが“まねドコ” vol.1

ウェアの着こなしなら、ゴルフを仕事にしているツアープロから真似てしまおう! ということで始まった新企画。国内外問わず、男女ツアープロのプレースナップから着こなし術を解説。ゴルフの腕前だけでなく、オシャレのテクニックも上手な選手をランキング順にご紹介!!

編集部が選んだ!オシャレ度BEST7
“まねドコ”を指南解説!

第1回のスナップ特集は、海外男子ツアーと国内女子ツアーを取り上げる。海外男子編では、PGAツアーを主戦場にしている松山英樹、石川遼の日本人2人を含むお洒落上級者7名をピックアップ。アマチュアゴルファーにも参考となる“まねドコ”をファッション ディレクター・森岡弘氏に解説いただき、評価をもとに編集部の独断でランキングをつけてみた。

BEST1:イアン・ポールター
「“ホワイト”を上手く使う」

(Andrew Redington/Getty Images)2015/04/09 /Getty Images

【拡大写真】

第1位はやはりオシャレといえばこの男、ゴルフ界の伊達男イアン・ポールター。「ネイビーとホワイトのカラーバランスが決まっています。特にホワイトの使い方が絶妙。ネイビーはそれ自体では重い色。ポールターのようにホワイトを縦ラインで上手く足すことで、軽く爽やかに見せることができます」とのこと。

スタイル  :★★★★★
カラーリング:★★★★★
個 性   :★★★★

【まねドコ Point】
☆ネイビーとホワイトのスタンダードな色の組み合わせだが、各アイテムのディテールが凝っている
☆襟や前たてにホワイトのラインがあると組み立てが広がる
☆シャツのボタンを一番上まで閉める(逆にオシャレ)


BEST2:キーガン・ブラットリー
「“タイト”ではなく“シャープ”に!」

2014/04/26 /GDO

【拡大写真】

意外にも今回のランキングで2位に入ったのは、最近ヒメネスとの遺恨マッチで話題となったキーガン・ブラットリー。森岡氏曰く「シンプルで全体的にバランスがよいのですが、特にサイジングが◎。そこまで細身のものを着ていないのにスラッとシャープに見え、清潔感豊かで好印象。アスリートは“タイト”ではなく“シャープ”に見せることが重要ですね」。

スタイル  :★★★★
カラーリング:★★★★★
個 性   :★★★★

【まねドコ Point】
☆ヒザ下からスッと細いパンツを選ぶ
(ヒップは少しゆとりがあってもよし!)
☆白シャツを選ぶ際、パンツと同じ色のアクセントがあるとGOOD!
☆ウエアがシンプルな場合、シューズは少し主張してもよし!


BEST3:石川遼
「上下のメリハリを利かせる」

2015/04/20 桂川洋一/GDO

【拡大写真】

第3位には我らが石川遼がランクイン。「トロピカルなリゾート感のあるシャツ、こういう個性的な着こなしを先駆者的に取り入れたのは彼ならでは。今回のようにパンツを地味目なものにすれば、一般ゴルファーも気軽に真似できると思いますよ」(森岡氏)。

スタイル  :★★★
カラーリング:★★★★
個 性   :★★★★★

【まねドコ Point】
☆派手な柄シャツには無地のパンツが◎
☆今シーズン、(キャラクターがある人には)トロピカル柄もおすすめ!
☆あえてウェアにない色のベルトで遊ぶ(赤ベルト)


BEST4:リッキー・ファウラー
「オレンジをキーカラーに」

(Andrew Redington/Getty Images)2015/04/13 /Getty Images

【拡大写真】

「誰にでも似合うカラーリングではないですね(笑)。でも、ゴルフ場もスキー場と同じ感覚で、広大な自然の中では普段できない格好を許される場だと思います。ファウラーほどではなくても、アイテムやポイントにオレンジを少し入れて着こなしのアクセントにするのはおすすめです」(森岡氏)。

スタイル  :★★★★
カラーリング:★★★★
個 性   :★★★★

【まねドコ Point】
☆ポイントとなる色を、小物やアクセントに取り入れる
☆シューズ、パンツ、帽子をホワイトで統一して強い色を馴染ませる
☆個性派な人なら、オレンジパンツもおすすめ!


BEST5:セルヒオ・ガルシア
「挑戦しやすいビビッドブルー」

(Andrew Redington/Getty Images)2015/04/12 /Getty

【拡大写真】

「ネイビーを選ぶ選手が多い中で、この鮮やかブルーを選んだところがオシャレ上級者といえます。特に鮮やかなブルーは、カラーに対して挑戦したことがないという人でも取り入れやすいので参考にしてみてください」(森岡氏)。

スタイル  :★★★
カラーリング:★★★★
個 性   :★★★

【まねドコ Point】
☆鮮やかなブルーは派手色入門編として◎
☆パンツと帽子の色を同系色にする
☆ポロシャツのディテールにも同系色があると更によし!


BEST6:ジョーダン・スピース
「正統派コーディネート」

(Andrew Redington/Getty Images)2015/04/11 /Getty Images

【拡大写真】

「ホワイト、ブルーとネイビー、とても清潔感のある配色です。カラーリングの王道といえますね。ただシンプルな配色ほど、シルエットが重要になってきます。半サイズ小さいものを選ぶとよりオシャレ度が上がりますよ」(森岡氏)。

スタイル  :★★★
カラーリング:★★★
個 性   :★★

【まねドコ Point】
☆同系色でまとめる
☆配色がシンプルなときほど、シルエットに注意する
☆帽子、ベルト、シューズなどをひと工夫する


BEST7:松山英樹
「技ありネイビーポロ」

2015/05/01 今岡涼太/GDO

【拡大写真】

「先程のジョーダン・スピースと同じで、シンプルな色ほどシルエットとディテールが気になります。パンツは細身ではなくてもよいので、もう少しヒザから下がシャープなパンツであればGOOD! ネイビーのポロシャツの中にある白ボタンは小さなディテールですが、思いのほかポイントとなっています。海外選手にひけをとらない体格だけに、全体に感じるもっさりとした印象は残念」(森岡氏)。

スタイル  :★★
カラーリング:★★
個 性   :★★

【まねドコ Point】
☆ネイビーとホワイトの組み合わせ
☆シャツのボタンを、他のアイテムと同じ色にする


解説/森岡 弘
『MEN'S CLUB』編集部にて10年間ファッションエディターとして従事。1996年から「株式会社グローブ」を設立。広告や雑誌のディレクションやスタイリングだけでなく、俳優、著名人、スポーツ選手など、多分野に渡り多くのタレントのスタイリングを担当。講演会やセミナー、出版、服のデザインも行なう



  1. 1
    ギア
    2014/12/25

    ゴルフクラブ簡単お手入れ法

  2. 2
    プレー&レッスン
    2016/03/10

    パターのグリップでカップインの自信が超倍増!…

  3. 3
    プレー&レッスン
    2014/11/06

    あのポーズは何?『AimPoint』を体験レ…

  4. 4
    プレー&レッスン
    2015/11/30

    女子プロが選ぶ、あこがれの「スイング男子」は…

  5. 5
    ギア
    2014/04/24

    FWリシャフトで「プチ整“尺”」が増殖中!

  6. 6
    ギア
    2014/08/14

    あなどれないぞ!『R』フレックス

  7. 7
    プレー&レッスン
    2014/05/15

    練習場なら“ちょいスラ”でイイんです!

  8. 8
    ギア
    2014/10/16

    「2ボールパター」再ブレイクの兆し

  9. 9
    ギア
    2014/08/07

    残り1メートルが必ず入るパターは?

  10. 10
    ファッション
    2015/10/01

    ゴルフ帽子を大調査!プロSnap ファッショ…