レッスン「US版 Golf Digest」と契約する有名プロのゴルフレッスン

スプーンもいいけど、ドライバーもね!

フィル・ミケルソンの「ドライバー上達法」

ドライバー上達に向けて、私の探求から学べること

PGAツアーの新シーズンが始まると、ドライバーを積極的にスイングし、そしてオーガスタでのマスターズを迎えるまで徐々にそのスピードを上げている。

できるだけ遠く、そして正確に飛ばすのだ。マスターズでは、しっかりと飛ばせば、難しいアプローチをショートアイアンで打つことができるのだ。マスターズは、他のメジャーと比較してもドライバーが武器になる。全米オープン、全英オープン、全米プロでは、280~300ヤード付近に幅が狭いか、左右にドッグレッグするゾーンがある。しかし、私は大抵、それ以上にドライバーが飛ぶため、フェアウェイを越えてしまうリスクがあるのだ。そんな時は3番ウッドで選択するようにしている。しかし、オーガスタや、そこに向かう数週間は刻む場面が少ない。ドライバーで打っていけるのだ。

技術の進化もあり、私はドライバーを他のクラブと同様にスイングすることができる。

ドライバーは、クラブセットの中で一番長いクラブで、スイング軌道も大きくなるが、スイングのメカニズムは基本的に同じだ。これはあなたにとっても良いことなのだ。

自分のゴルフができるようになると、私は最大飛距離と正確性を融合するのに役立つスイングのカギを握るちょっとした一覧表にフォーカスするようにしている。そして、この一覧表をシンプルにすればするほど、好プレーができることが分かってきたのだ。皆さんは僕のようにグリーンジャケットを争っているわけではないだろうが、次のアドバイスによりシーズン当初からナイスプレーをすることができるだろう。(ガイ・ヨーコム共著)


  1. 1
    アイテム
    2012/10/18

    ウェッジのバウンス角を理解すればスコアアップ…

  2. 2
    レッスン
    2013/04/08

    デビッド・レッドベター「グリーン周りでの安定…

  3. 3
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  4. 4
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  5. 5
    レッスン
    2013/10/24

    達人たちに学ぶ アイアンショットの秘訣

  6. 6
    レッスン
    2013/10/09

    寄せワンを成功させる3ステップ

  7. 7
    レッスン
    2012/08/23

    ユーティリティの基本

  8. 8
    レッスン
    2013/01/23

    安定してベストショットを打つ方法 ダスティン…

  9. 9
    レッスン
    2014/01/30

    フィル・ミケルソンの「ドライバー上達法」

  10. 10
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショット …