レッスン「US版 Golf Digest」と契約する有名プロのゴルフレッスン

ショーン・フォーリー、ハンク・ヘイニー、ブッチ・ハーモン、トム・ワトソン、ほか

達人たちに学ぶ アイアンショットの秘訣

ボールを叩くには、“ビハインド・ザ・ボール”をキープするように教えられてきたはずだ。これは、ボクサーがパンチを打つように、身体全体でショットをサポートすることが目的となっているから。ショーン・フォーリーによる“ボールを押し潰すためのレッスン”をマスターすることでパワフルなショットが可能となる。さらに、トム・ワトソン、ハンク・ヘイニーなどのアイアンレッスンをご紹介する。

ボールを押し潰すために身体を使おう

ボールを叩くには、“ビハインド・ザ・ボール”をキープするように教えられてきたはずだ。これは、ボクサーがパンチを打つように、身体全体でショットをサポートすることが目的となっているから。しかし、身体を後ろ側に残すと、後足の上に体重を残してショットすることになってしまう。これではダウンスイングで前足の上に身体をシフトさせて、ボールを押しつぶすことが難しくなるのだ。

上半身を後ろ側に残すようにするのではなく、ちょっとしたアジャストをすればボールを叩けるようになるし、体重もターゲット方向にシフトすることができるのだ。

まず、アドレスでは肩をやや傾け、背骨をターゲット方向と反対側に向けるようにする。左肩が右肩よりも若干高い位置にするのだ。また左足をやや開くことで、ショットを通じてパワフルにボディローテーションすることが可能になる。

背骨をやや後方に傾け、前側の足を開く。ダ

背骨をやや後方に傾け、前側の足を開く。ダウンスイングでは臀部をターゲット方向にシフトさせる。

そして、ダウンスイングで臀部をローテーションさせる前に、数インチだけ臀部をターゲット方向にシフトさせる。

これはバックスイングが完結する前にすべきことだ。この横向きの動きと回転運動をブレンドさせることで、体重が正しく前側にシフトし、身体のパワーもビハインド・ザ・ボールになるのだ。これが実戦できれば、ナイスショットの秘訣をつかんだも同然だろう。


  1. 1
    アイテム
    2012/10/18

    ウェッジのバウンス角を理解すればスコアアップ…

  2. 2
    コラム
    2012/08/14

    料理用スプレーで簡単に飛距離を伸ばす!? マ…

  3. 3
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  4. 4
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  5. 5
    レッスン
    2013/01/23

    安定してベストショットを打つ方法 ダスティン…

  6. 6
    レッスン
    2012/08/23

    ユーティリティの基本

  7. 7
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショット …

  8. 8
    レッスン
    2013/01/31

    毎回ナイスショットするための5つの基本  ボ…

  9. 9
    レッスン
    2013/06/06

    タイガーが実践していること

  10. 10
    レッスン
    2014/01/30

    フィル・ミケルソンの「ドライバー上達法」