アイテム海外ツアープロが愛用する最新クラブやボールなどの情報をいち早くお届け

Golf STIX Vol.6

ゴルファーの物欲を刺激するアイテムが集合!

今年も続々と新商品情報が届くなか、とくに注目のアイテムをピックアップ。先週日本でも発表になったキャロウェイの史上もっとも有名なクラブ・ビッグバーサの最新機種や、シューズやシャフトのトレンド、タイトリスト・ボーケイウェッジからインディゴブルーが登場。他にも目白押しなアイテムを紹介!

まさかの青

タイトリストのボーケイウェッジのニューモデルをお薦めしたい。452インディゴ(225ドル)の52度は、オフセットが増え、トゥ部分がより丸みを帯びている。また高めのヒールデザインは、400シリーズを思わせる。バウンス角8度のソールの幅は狭くも広くもなく、ヒール部分は薄い。また溝はボーケイSM4と同じだ。青色のPVDフィニッシュは、プレー頻度が多くなると薄くなる。シャフトは、限定発売のKBSカスタムシリーズ・ブラックマッテを装着。他のボーケイウェッジのように、シャフトとグリップのオプション、さらに4文字の刻印は無償対応してくれる。

スピードボール

これまでの各スイングスピードに合わせたボールは、ハンディキャップの高いゴルファー向けにコンプレッションを抑えることに注力されてきた。そこでキャロウェイは、4ピース、5ピース構造のウレタンカバーボール「SR」(48ドル)を発表。「SR3」はスイングスピード105m/h以上、「SR2」はスイングスピード90~104m/h、「SR1」はスイングスピード90m/h未満が対象だ。それぞれヘッドスピードに合わせたエアロダイナミックパターンを採用し、SR1は低速での揚力向上、SR3は抵抗力を軽減、SR2は打ち出し時と頂点以降の空気力学のバランスが良い。発売は1月から。

唯一の存在

2013年のPGAツアーのベストドレッサーは、何か一つを目立たせることが特徴だった。それが次の8例だ。1、キャロウェイゴルフのウェアを着用する石川遼は、みんなのベストドレッサーと言える。2、イアン・ポールターのIJPデザインはクラシカルで、プリンス・オブ・ウェールズの格子縞ズボンはメンズラインで話題。3、ブラント・スネデカーはピーター・ミラーの色使いの引き立たせ方を知っている。このピンク色のシャツは、日曜日に着るべきものだ。4、グラハム・デリューは2014年のツアーの注目株。Sligoの13年モデルは、彼のプレーのようにド派手なものだった。5、ウェブ・シンプソンのIZOD GOLFウェアは、ツアーでも目立つ存在だった。この縦じまデザインは、シンプソンをアスレチックに、そしてシャープに見せている。6、昨シーズンのボトムスで一番話題になったのが、ビリー・ホーシェルのRLXオクトピだ。7、フィル・ミケルソンが巻いているハウス・オブ・フレミングのベルトは、デニムのように見え非常にスタイリッシュだ。8、オスカー・ヤコブソンのニッカポッカをはくフレディ・ヤコブソン。これぞファッションだ!

大きなトゥがカギ

「形は機能に従う」。先人はこの言葉をデザインに用いていた。つまり、建物でもコーヒーメーカーでも、たとえロブウェッジであっても、その形はそれがどのように使われるかによるということだ。ウェッジデザインの巨匠マイク・テイラーは、ナイキのツアープロへのリサーチを受け、VR X3X“トゥ・スウィープ”ウェッジ(110ドル)に機能変化をもたらした。ソールは、どんなセットアップでもリーディングエッジが地面に近くなるように、ヒールに近づくにつれて幅を狭くし、トゥに近づくにつれてワイドにした。テイラーによれば「重量をヒールからトゥに移動させることで、ラフでも、フェースが閉じてロフトが立つことなくクラブの抜けが良くなる」とのこと。このウェッジの発売は1月31日。“デュアル・ワイド”ソールを含め、7つのロフト角とバウンスのオプションをラインナップしている。

割安にゾクゾク

グレッグ・ホプキンスが、ボールビジネス参入の話をしていたのは、彼がクリーブランドゴルフのCEO時代からだった。現在、ホプキンスは彼自身の会社を経営し、ボールビジネス参入が現実となった。ホプキンスによると、USGAの用品規則が「僕達が優位になれる平価状態を作り出した」とのこと。シリコンカバーを採用した3ピース構造のホプキンス「VL Pro」ボール(ダース20ドル)は、メジャーブランドと同等の良さがあるにも関わらず「工場直販の価格」で販売されているという。同社のプレスリリースも価格の優位性にフォーカス。ミスショットは「4ドルのツアーボールを無くすのと同じだが、(ホプキンスのボールなら)2ドル未満で済む」とのこと。大量購入すれば、その額はもっと少なくなる。8ダースの購入なら、1ダースは約15ドルになるというのだ。詳細はhopkinsgolf.com.で。

  1. 1
    アイテム
    2012/10/18

    ウェッジのバウンス角を理解すればスコアアップ…

  2. 2
    レッスン
    2013/04/08

    デビッド・レッドベター「グリーン周りでの安定…

  3. 3
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  4. 4
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  5. 5
    レッスン
    2013/10/24

    達人たちに学ぶ アイアンショットの秘訣

  6. 6
    レッスン
    2013/10/09

    寄せワンを成功させる3ステップ

  7. 7
    レッスン
    2012/08/23

    ユーティリティの基本

  8. 8
    レッスン
    2013/01/23

    安定してベストショットを打つ方法 ダスティン…

  9. 9
    レッスン
    2014/01/30

    フィル・ミケルソンの「ドライバー上達法」

  10. 10
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショット …