アイテム海外ツアープロが愛用する最新クラブやボールなどの情報をいち早くお届け

GDO STIX VOL.5

海外特急便! トレンドの先行く最新ギア&アイテム情報☆撮って出し

テーラーメイド、キャロウェイ、コブラ、アダムスゴルフなど、大人気海外ブランド最新ギア情報から、プーマのメロディーマーカーや、新ガジェット、今後国内外でブームになると予想される新シャフト情報などなど、日本ではまだ発表されていない、レアな新アイテムを盛りだくさんでご紹介。2014年、来年のトレンドをここで先取りしてしまおう!

テイラーメイドの最新ドライバー JetSpeedジェッドスピード ドライバー

テイラーメイドのJetSpeedジェッドスピード ドライバーが、アメリカで12月に発売開始されることがメディアに発表された。ソール部分の溝構造によりクラブヘッド全体が柔軟に打撃の瞬間を捉える新デザイン「スピードポケット」搭載モデルだ。このデザインの最も興味をそそる特徴は重心(CG)の低さとフェースへの近さ。「これこそが1,700 rpmsに17°の着地角という理想のランディングを可能にするデザインだと信じています。」とはテイラーメイドのエグゼクティブ ヴァイス プレジデントのシーン トゥーロン。「この技術を突き詰めれば、もしかしたら、いつか16°とか18°角ロフトのドライバーでゴルフが出来るかもしれませんね。」
text by Max Adler

トゥルーテンパーズ XPシャフト 光速への一飛び

アイアン(薄いフェースや形やソールスロットなどのハイブリッド)の長距離技術は取りざたされて久しいが、軽量スチールシャフト技術も注目されるようになっている。トゥルーテンパーの新Xシャフトは同社のダイナミックゴールドのスチールシャフトと比較して20?40gも軽い。XPラインは、より良いエネルギー荷重とインパクト時のリリースを考えた新しいステップパターンを取り入れてしているが、「一番のチャレンジは、これまで同様に打感が柔らかくインパクトがスムースな軽量シャフトを作るというところです」とトゥルー テンパーのグローバル ツアー オペレーション長のチャド ホールは話した。ホールに拠ると、製造能力や合金の向上が既にゴルフショップで取扱いが始まっており、キャロウェイApex及び、タイトリストAP1アイアンのストックシャフトとなっているXPラインに大きく寄与しているとのこと。
Text by Mike Stachura

キャロウェイの最新メタルウッド Xファクター

飛距離重視のXホット ライン ドライバーは、キャロウェイのここ数年で一番成功しているメタルウッドだ。最新のX2モデル(X2ホット プロ バージョン)は更にどこを改良したのだろう?まず、ひとつには、フェースの軽量化とサイズの大きさである。X2ホット プロは、センターを外しても安定感を損なわないよう重量配分されている。ふたつめは、X2ホットとX2ホット プロ フェアウェイ ウッドに採用されている455カーペンター スティールのカップフェースを更に薄くし、内部質量を低くフォーワードぎみにポジショニングすることによりフェースのどこに当たっても飛距離がでる。最後に、X2ホット ハイブリッドのフェースの柔軟性はドライバー並みになっていること。ボーナスとしては、両ドライバーバージョンが独自のロフト及びライアングルに調整できるホセルを搭載していること。紹介したクラブはアメリカで来年1月には店頭に並ぶ予定。
text by Mike Stachura

コブラの最新ドライバー セット調整のすすめ

コブラの最新ドライバー(Bio Cell and Bio Cell+)は先行して発売されているAMP Cellに比べ調整機能がアップ。Bio Cell (左端$299)はロフト角が9度から12度まで、ドローが9.5, 10.5, 11.5度の8本セット。Bio Cell+は、8度から11度ロフト、8.5,9.5,10.5度のドロー。ウェイトはBio Cellのフェース周辺から低く、後方に移動し慣性モメントを向上させた。それによりミスヒット時でもスピードがでる。Bio Cell+のクラウンにはヴィノラム合金を使用したことで軽量化、ロースピンのハイローンチに成功している。各5色展開。Bio Cell+はホワイトで縁取られた色付きクラウンが特徴。アメリカでは来年1月の販売予定だ。
text by E. Michael Johnson

お気に入りグリップ再到来  ただごとじゃないフィット感

製品紹介の中でも最も大切なお知らせをひとつ。マックグラッドリー クラシックでツアープレイヤーに紹介されたツアー ベルベット スーパー タックは、実に1995年以来初めてのツアー ベルベット グリップの真の再発明といえる。「完全に新しいゴム化合物」がベタつきのない粘着感を高めている、と話すのは、ゴルフプライドのツアーレップであるブルース ミラー氏。トップは新しい菱形パターンで安定性をもたらし、ボトム部分に施された幅広なプラスマークがびっしり入ったパターンには凹凸があり、吸着カップのようなグリップ感を可能としている。新しいフィニッシュの仕方によるシャイニーなルックスも良い。ジェイソン ボーンはマックグラッドリー で、全クラブをこのツアー ベルベット スーパー タックにリグリップし直した。アメリカでは2月中旬に発売予定のグリップは一本6ドルとか。
text by E. Michael Johnson

  1. 1
    アイテム
    2012/10/18

    ウェッジのバウンス角を理解すればスコアアップ…

  2. 2
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  3. 3
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  4. 4
    レッスン
    2013/04/08

    デビッド・レッドベター「グリーン周りでの安定…

  5. 5
    レッスン
    2013/01/23

    安定してベストショットを打つ方法 ダスティン…

  6. 6
    レッスン
    2013/10/09

    寄せワンを成功させる3ステップ

  7. 7
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショット …

  8. 8
    レッスン
    2012/08/23

    ユーティリティの基本

  9. 9
    レッスン
    2013/01/10

    ハンク・ヘイニーが「80台をマークする4つの…

  10. 10
    レッスン
    2013/10/24

    達人たちに学ぶ アイアンショットの秘訣