アイテム海外ツアープロが愛用する最新クラブやボールなどの情報をいち早くお届け

DRIVERS  FAIRWAYWOODS  HYBRIDS  IRONS  PUTTERS

THE HOTLIST USA 2013

米国Golf Digest社で実施されている『HOT LIST』は今年で10年目を迎える。この10年でクラブは大きく変わった。魔法のように自然にロフトが変えられるドライバー、ドライバーのようなフレックスを持ったアイアン、そしてよりまっすぐに引けるパターなど、10年前だったらSFの世界でしかあり得ないと思えたようなアイデアが製品として並んでいる。2013年US版「HOTLIST」は新しいテクノロジーが満開なのだ!

★HOTLIST USA 2013  <DRIVER> CALLAWAY

調整機能付きドライバーはどのくらい流行っているのだろうか?ホットリストのドライバー12種類のうち11種類がアジャスタブルで、昨年のPGAツアー優勝者のうち60%以上が使用していた。

◆キャロウェイ RAZR Fit Xtreme(写真/左)
<ロフト:8.5、9.5、10.5、11.5、13HT(すべてアジャスタブル)>

それぞれのロフトに違うタイプのプレーヤーが合わせられるキャロウェイのアジャスタブルドライバー第二世代。そのロフトを使用しているプレーヤーが、よりよいアドレスを取ることでいいパフォーマンスをできるように作られている。例えば、ロフトが多い場合、より大きいヘッドでクラブヘッドの性能以上にドロー傾向となる。それぞれのドライバーのロフトは、2つの可動式ウエイトと3つのフェイスアングルをセッティングできる可動式ホーゼルからなる。
<プレーヤーコメント>
「私が試したドライバーの中で、もっともパワフルな一撃だ」
「鋭いフィーリングが感じられる」
HOT:洗練されたカップフェイスが、この独特なロフトデザインのセオリーに馬力を与えている。
NOT:もっとフェイス角があれば、もっと多くのゴルファーを救えるのに。


◆キャロウェイ X-HOT/X-HOT PRO(写真/右)
<ロフト:9.5、10.5、11.5、13HT(X-HOT)/8.5、9.5、10.5(X-HOT PRO)(すべてアジャスタブル)>
キャロウェイのX-HOTラインには3つのアジャスタブルホーゼルがある。RAZR Fit Xtremeのように、すべてのロフトは、すべてのプレーヤーを適応させるように設計。このモデルでプレーする多くのゴルファーのインパクトパターンに合うように、それぞれが違うバルジを持ち、ドロー軌道になるようデザインされている。
<プレーヤーコメント>
「アドレスで少し柔らかい感じがするが、物足りないのはそれだけ。どんなミスヒットもカバーしてくれるから、アグレッシブになれる」
「インパクトの感じはフェイスが本当に曲がっているみたい。最高の気分だ」
HOT:アジャスタブルで軽量なドローバイアスのX-HOTは多くのゴルファーに向けた調整機能付きドライバー。X-HOT PROはより上級者が好むオープンなフェイスアングルになっている。
NOT:左利き用のモデルが限られる。

キャロウェイRAZR Fit Xtrem

キャロウェイRAZR Fit Xtreme

キャロウェイX-HOT/X-HOT PR

キャロウェイX-HOT/X-HOT PRO


★HOTLIST USA 2013  <DRIVER> COBRA,NIKE

◆コブラ AMP Cell(写真/左)
<ロフト:AMP Cellは8.5~11.5度のアジャスタブルヘッド。Proには7.5~10.5度、オフセットには10.5、11.5度>
AMP Cellは6つのロフト(スタンダードモデルでは、ニュートラルからドローバイアス、プロバージョンではニュートラルからフェードバイアス)に調整可能。ブルー、オレンジ、レッド、シルバーの4つのカラーからチョイスできる。ソールの軽減されたコンタクトエリアが、どんなアジャスタブルセッティングでもフェイスアングルをスクエアにする。
<プレーヤーコメント>
「フェイスはボールを捕まえるのに十分ハードに感じられるが、フィーリングがなくなるほど硬すぎはしない」
「見た目とは違う。それ以上のパフォーマンスがある」
HOT:かわいいカラーリングの影で、このドライバーはこれまでで最高の使用者層を網羅している。またテクノロジーも十分。フェイス下部でも十分にボールが上がる。
NOT:4つのカラーチョイスがあるが、ベーシックな黒がない。


◆ナイキ VR_S Covert/ VR_S Covert Tour(写真/右)

<ロフト:アジャスタブルヘッド(8.5~12.5度)>
ロフトとフェイスアングルを独自にアジャストすることが可能。各ロフトが3つのフェイスアングルポジションになる。クラブをコンパクトなサイズに保つため、重量をソールから取りヒールに配置。慣性モーメントを向上させた。これでオフセンターヒットでの正確性が上がった。
<プレーヤーコメント>
「消された音がボールがフェイスから飛び出すのに合っていないほどだ」
「セッティングが合えば、このドライバーはあなたに従ってくれる」
HOT:ロフトとフェイスアングルを独自にあわせる能力こそ、本当の改革だ。
NOT:フェイスアングルは1.5度クローズにできるが、本当のスライサーは、もっとクローズにしたいところだ。

コブラAMP Cell

コブラAMP Cell

ナイキVR_S Covert/ VR_S

ナイキVR_S Covert/ VR_S Covert Tour


★HOTLIST USA 2013  <DRIVER> PING

◆ピン アンサー(写真/左)
<ロフト:8.5度、9.5度、10.5度、12度(すべてアジャスタブル)>
全てのロフトにおいて、0.5度ずつプラスマイナスに変えられるアジャスタブルホーゼルを採用。4つのボール弾道と4つの打感に適応するため、4つのシャフトオプションを標準で用意している。
<プレーヤーコメント>
「見た目に隠れて圧倒的というほどではないが音はパワフル」「本当にボールが上がる。そしてただ上がるのではなく飛ぶ」
「インパクトでパワフルな金属音がする。黒くてクール」
HOT:見た目とフィーリング、パフォーマンスは、“働く馬”を思わせる。そして4つのシャフトオプションは、ローンチモニター・フィッティングを続けてきた賜物だ。
NOT:9.5度プラスセッティングと10.5度マイナスセッティングの間が混乱する。


◆ピン G25(写真/右)
<ロフト:8.5度、9.5度、10.5度、12度(すべてアジャスタブル)>
ピンのGシリーズ6世代の中で初のアジャスタブル。各ロフトが0.5度ずつ高くも低くもできる。前モデルG20に比べてクラウンが薄くフェースも大きい。またピンのドライバーの中で慣性モーメントは最も大きく、重心は最も低い。また、重ヘッドを速くスイングするためにキックポイントを手元側にしたピン独自のシャフトが装着されている。
<プレーヤーコメント>
「すぐに球が上がる。上級者は好まないかもしれないが、球の上がり方では誰にも問題がないだろう。“球”世主になる」
「弾道が好き。自信が染み出してくる気がする」
HOT:大きなヘッドにより易しく、全ロフトの調整機能により誰でも適正な打ち出し角を得られる。
NOT:スライス防止のセッティングがない。

PING ピン G25

PING ピン G25


★HOTLIST USA 2013  <DRIVER> TAYLORMADE

◆テーラーメード R1(写真/左)
<ロフト:1つのアジャスタブルヘッド(8~12度)>
3つの方法でアジャストできる。各ロフトで12のセッティングが可能な他、ソールプレートが回り7つのフェイスアングルができる。また可動式ウェイトにより、ボールを左右20ヤードの範囲で変動する。クラウンのグラフィックはアライメントに役立つようデザインされている。
<プレーヤーコメント>
「最後まで音が響くがこのクラブを試さずに入られない」
「とても許容範囲が広い。フェース上部に当たると飛距離が出る。スライスしても2打目が打てる」
HOT:素材とその細やかさでテーラーメイドは、再びゴルフ界でイノベーションリーダーとなった。このクラブは、168のセッティングが可能となり、そのうちのひとつはあなたの犬にでも合うだろう。
NOT:(オーストリアの元アルペンスキーヤー)フランツ・クラマーが1976年冬季五輪の時のセーターを返してくれと電話してきた。


◆テーラーメイド Rocketballz Stage2(写真/右)
<ロフト:9.5度、10.5度、HL(全てアジャスタブル)>
ボールスピードを向上させるため、前モデルのロケットボールズが進化した。極薄クラウンで低・前重心化し、シャフト重量はわずか50グラム。12のアジャスタブルセッティングが可能で、ロフト角を1.5度ずつ変えられる。
<プレーヤーコメント>
「高く突き抜けるようなボールが繰り返し安定して出る」
「インパクトでソフトな感じを受けるが、ボールはフェイスから飛び出す感じがする。スピンコントロールも素晴らしい。ミスヒットした時でさえ、ボールはよく飛ぶ」
HOT:2012年最も売れたクラブが、より大きいフェースとより軽いシャフトとさらなる調整機能を備えた。1ミリヒール寄りに重心が移動したことが、アベレージゴルファーへのボーナスだ。
NOT:違うロフトのヘッドとそのロフト調整を判断するのが混乱しそうだ。

TAYLORMADE R1

TAYLORMADE R1

TAYLORMADE Rocketbal

TAYLORMADE Rocketballz Stage2


★HOTLIST USA 2013  <DRIVER> TITLEIST

◆タイトリスト 913D2/D3
<ロフト:7.5度、8.5度、9.5度、10.5度、12度(D2)/7.5度、8.5度、9.5度、10.5度(D3)(全てアジャスタブル)>
16種類に調整できるドライバーが、ボールスピードを上げるためにより薄く軽い鍛造フェースインサートを採用して誕生した。D2は、D3より大きく以前の910D2よりよりスピン量が少ない。よりコンパクトなD3は、重心が少し前面に出ており易しく使えるようになっている。
<プレーヤーコメント>
「誰が見てもシンプルでクリーンだ」
「曲がりがコントロールされた弾道はセンターに戻ってくる」
「打音がホームランを打った時のバットのようないい音がする」
HOT:すべての要素が正しく調和されている。多くのゴルファーが45インチシャフトの方が安定してスイングできるという事実を見落とさないようにしよう。
NOT:いくつかのセッティングの違いが微妙。

タイトリスト913D2/D3

タイトリスト913D2/D3


  1. 1
    アイテム
    2012/10/18

    ウェッジのバウンス角を理解すればスコアアップ…

  2. 2
    レッスン
    2013/04/08

    デビッド・レッドベター「グリーン周りでの安定…

  3. 3
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  4. 4
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  5. 5
    レッスン
    2013/10/24

    達人たちに学ぶ アイアンショットの秘訣

  6. 6
    レッスン
    2013/10/09

    寄せワンを成功させる3ステップ

  7. 7
    レッスン
    2012/08/23

    ユーティリティの基本

  8. 8
    レッスン
    2013/01/23

    安定してベストショットを打つ方法 ダスティン…

  9. 9
    レッスン
    2014/01/30

    フィル・ミケルソンの「ドライバー上達法」

  10. 10
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショット …