コラムトッププロや人気ゴルフエディターによる“斬新で大胆”な充実のコラム記事

あなたのゴルフをチューンアップするためのガイド

オレの好きな季節がやって来た! キーガン・ブラッドリー

キーガン・ブラッドリーは夏にベストプレーができるという。2011年8月には全米プロゴルフ選手権で優勝し、他の2勝も8月と5月の下旬だった。「春に“錆”を落として再びプレーできる身体になった後、約10週間に渡って良いスコアを出すというプレッシャーを感じ、調子を上げろと自分に言い聞かせてきた」と本人は語る。キーガンの勝ちパターンの秘訣を紹介しよう!

私は毎年、夏にベストなプレーをしている。

2011年8月には全米プロゴルフ選手権で優勝し、他の2勝も8月と5月の下旬だった。これはバーモント州で育ったからなのかも知れない。春に“錆”を落として再びプレーできる身体になった後、私は約10週間に渡って良いスコアを出すというプレッシャーを感じていたし、調子が上がっていると自分に言い聞かせてきた。今、私はツアーでプレーし、フロリダ州ジュピターに住んでいる。終わりのない夏の中で生きているようなものだ。それでも、私の中には、これまで私の仲間や私が話してきたシーズン半ばの姿に自分がなれると思っている。

ゴルフに役立つヒントとは、チッピングストロークの練習をすること。

シーズンが始まってからしばらく経っても、プレーが上手くいかないとフラストレーションが溜まる。そんな時こそ、基本に立ち返る時だ。私にとって基本とは、ドライバーとチッピング。この2つが上手くいけば、そう簡単に負けることはない。フェアウェイからのショートアイアンで、ひどいミスをするのは稀。だから、チッピングでカップまで約30センチに寄せられれば、パッティングなんて関係ないわけだ。

この2つの利点は、チッピングに取り組みながらドライバーショットも改善できるということ。

スイングの最下点であるインパクトエリアが、両スイングともに同じことがその理由だ。インパクト前後の約60センチにおける素晴らしいチッピングのテクニックは、ティーショットでぶっ飛ばす時と同じ。クラブフェースをフリップさせたり、おかしなことなどしないこと。スイング軌道とスクエアにして、野球のボールをバットで打つように、しっかりとゴルフボールを打つのだ。左手甲がインパクト前後にターゲットに向いている感覚をつかむと良い。フロップショットだったり特別なショットを打つ時以外は、どの番手のどのスイングでも、スイングの最下部でそういったフィーリングを持つようにする。そして、シンプルなバンプ・アンド・ランで練習をスタートするのも、それが理由だからだ。8番アイアンで、パッティングストロークのような小さなスイングをし、ボールがクラブフェースから1ヤードほど飛び出すのを見るだけ。私のコーチであるチャック・クックは、フェースをスクエアに保ちボールをターフから摘み取るようにすることから、これを“スクエア・ピンチ”と名付けている。私の調子が悪い時は、チャックは「おい、キーガン。スクエア・ピンチをやってみろ」って言うだろうね。私がスイングで行っていることを止めさせて、ソリッドなコンタクトとはどのようなものなのかを忘れないようにするためにチッピングをさせるという意味が込められていると思う。

スクエア・ピンチがマスターできたら、長めにチッピングを試してみよう。

40ヤードか、チャック曰く“ハイ・スウィープ”という距離まで伸ばしてみる。そして、ドライバーまで各番手で試してみよう。短めのチッピングと同じように、ドライバーで最高スピードを得るにはボールをクラブフェースのど真ん中に当てることだ。そして、それができれば、フルスイングが、チッピングのようにリストのヒンジとボディターンだけの動きであることが分かるだろう。私は感覚に頼るプレーヤーだが、スイングに適正な仕組みをもたらすチッピングには、正確でテクニカルな部分に着目している。

スコアメイクする方程式のもう半分は、もちろん、メンタルだ。

ミニツアーから旅立つことができたのは、ゴルフをほかの夏のアクティビティのように接するべきと教えてくれたジム・マクリーンのお陰。私はフットボールのスローインや、バスケットボールでシュートすることが好きだが、リッキー・ファウラー、ブレンダン・スティール、他の連中、そして私はソフトボールとバレーボールに徹底的に取り組むと思う。ソフトボールを投げる時は、腕の動きなど考えている時間はない。一塁手のグローブを見て、それに反応するだけだ。だから、この夏はフェアウェイからピンが見えたら、裏庭でキャッチボールをしているつもりでいる。ビーチでもいいけどね。

  1. 1
    アイテム
    2012/10/18

    ウェッジのバウンス角を理解すればスコアアップ…

  2. 2
    アイテム
    2013/10/31

    海外プロの最新アイテム情報 

  3. 3
    コラム
    2012/08/14

    料理用スプレーで簡単に飛距離を伸ばす!? マ…

  4. 4
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  5. 5
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  6. 6
    コラム
    2014/05/15

    「2時間待ってでも打ちたい」まったく新しいゴ…

  7. 7
    レッスン
    2013/01/23

    安定してベストショットを打つ方法 ダスティン…

  8. 8
    レッスン
    2014/01/30

    フィル・ミケルソンの「ドライバー上達法」

  9. 9
    レッスン
    2014/04/24

    真っ直ぐなティショットとピンに寄るショット …

  10. 10
    レッスン
    2013/01/31

    毎回ナイスショットするための5つの基本  ボ…