コラムトッププロや人気ゴルフエディターによる“斬新で大胆”な充実のコラム記事

中嶋一貴さん

「目指せシングルプレーヤー!」はもう少し練習する機会が増えてからにします(笑)

日本人8人目のフル参戦F1ドライバーとして、世界最高峰のF1で戦った中嶋一貴さん。
父親で元F1ドライバーの中嶋悟さんとの家族ゴルフや、レーシングドライバーならではの“ゴルフ論”を聞いてみた。
文/田口浩次 写真/三浦康史 撮影協力/ウェスティンホテル東京

中嶋一貴 Kazuki Nakajima

1985年1月11日生まれ。愛知県岡崎市出身。日本人最初のフル参戦F1ドライバーである中嶋悟を父に持ち、子どもの頃からモータースポーツと関わりを持つ。トヨタの育成ドライバーとして、全日本F3選手権、ユーロF3、GP2等を経て、2007年のブラジルGPで名門ウィリアムズからF1デビューを果たす。2008年と2009年はウィリアムズで過ごし、2011年から国内レースに復帰。2012年フォーミュラ・ニッポンの王者獲得。2014年はWEC(世界耐久選手権)、スーパーフォーミュラ、スーパーGTの3カテゴリーに参戦中。


小学生時代にゴルフに出会う  100を切ったのは高校時代

僕がゴルフを始めたのは小学校時代です。ゴルフ好きな父の影響もあって、小学校のときから練習場で打ち始め、面白くなってひとりで練習していました。でも、サッカーとか他のスポーツをするのも好きで、そこからゴルフには飽きて熱心にやらなくなり、家族で旅行に行ったときにゴルフをする程度に。高校時代に少しまたゴルフをする機会が増えたのですが、OBさえなければ100を切れているのに……なんて状態が3年くらい続いて、高校卒業前にやっと100を切りました。結局、100を切るまでに10年くらい掛かった計算ですね。20歳過ぎてレース関係者にゴルフ好きも多く、おつきあいでやる機会が増えて、90台で回るレベルまで上がって、ヨーロッパでF1を目指すとまたやらなくなって……。でも、たまのゴルフのスコアはほとんど落ちることがなかったです。それが日本に帰ってきてゴルフ頻度が上がったら、なんか90で回ることもあれば100切れないことも……現在は壁にぶつかっている状態です(笑)。具体的にはショートゲームに苦しんでいます(笑)。

100ヤード以内に苦しむ現状 ベストスコアは86です

去年はおそらく月に1.5ラウンドくらいのペースでゴルフ場に行ったと思います。でも、行けば行くほど下手になるという状態に陥っていました。100ヤード以内になるとアウトなんです。残り100ヤードなら問題ないのですが、それ以下のショートゲームだと力加減があるじゃないですか。そこがまったく駄目で、ダフるかトップするかどっちかという状態。色々と試すと、今度は怖くなってきて、まともに当たるけどショートとか……ドツボにはまっていますね(笑)。基本的にゴルフは楽しみとして行っていますが、たまに人と勝負することがありますよね。それをやり始めてから僕のゴルフは調子がおかしくなった気がします(笑)。ちなみにベストスコアは86です。80台は過去2回。39がハーフのベスト。47、39。その次が50、39だったかな。長く経験だけは積んでいるので、スイングもショットもそこそこだとは自負していますが、スコアがまとまらない(笑)。まとまると80台で回れるはずなんだけどという、現在は高校時代の100がなかなか切れない頃と同じモヤモヤ感がありますね。

何も考えずにスイングできるまでが練習 レーシングドライバーはゴルフ好きが多いです

ゴルフでは、僕自身にこそ必要なことなのですが、本当にもっと上手くなりたいと思うなら、練習場でやるべきことは、正しい身体の動きを理解して、考えなくてもその動きが再現できるようにする。つまり、練習というのはスイングの型を身につける作業だと思います。実はそこはレースも一緒で、運転技術を正しく身につけるのが練習で、サーキットごとにマシンセッティングなどを変えるわけです。それはプロゴルファーも同じで、コースによってクラブセッティングを変えていくんですよね? そういう準備作業をして、風やらなんやらに対処してくのが本番。ゴルフだと打つ瞬間には瞬発力も必要かなって思いますけど、レースって実は瞬発力がほとんど必要ないスポーツなんです。コーナリング中などに外から掛かってくるGにたいして我慢している。もちろん、突然の動きに対する反射神経は必要だけれども、基本的には持久系スポーツだと思います。淡々と同じ作業を続け、同じラップタイムを刻む。ゴルフも同じスイングを繰り返し、ライや風などの状況状況に合わせて狙うポイントを変える。そこもレースと同じです。天候が変わり、路面状況が変わり、燃料が軽くなって、常に状況が変わる。だからレースドライバーがゴルフ好きなのは、そうした共通要素が多いからアジャストしやすいのかなって思います。


  1. 1
    アイテム
    2012/10/18

    ウェッジのバウンス角を理解すればスコアアップ…

  2. 2
    レッスン
    2013/09/12

    「ぶっ飛ばしたいなら、俺のようになれ!」

  3. 3
    レッスン
    2013/03/07

    タイガー・ウッズが教える! 強くなる10個の…

  4. 4
    コラム
    2012/08/14

    料理用スプレーで簡単に飛距離を伸ばす!? マ…

  5. 5
    レッスン
    2013/01/23

    安定してベストショットを打つ方法 ダスティン…

  6. 6
    レッスン
    2013/04/08

    デビッド・レッドベター「グリーン周りでの安定…

  7. 7
    レッスン
    2012/08/23

    ユーティリティの基本

  8. 8
    コラム
    2014/05/15

    「2時間待ってでも打ちたい」まったく新しいゴ…

  9. 9
    レッスン
    2013/01/10

    ハンク・ヘイニーが「80台をマークする4つの…

  10. 10
    レッスン
    2013/10/24

    達人たちに学ぶ アイアンショットの秘訣