ヘルスケア疲労回復や男性コスメ、アンチエイジングにリラクゼーションなど、カラダのケアに役立つ情報

美容やコスメはもはや女性だけのものではない

男性美容研究家がオススメする、本気のメンズコスメ

いま「メンズコスメ」がシェアを広げている。「生活トレンド研究所」の調べでは、30代は64.3%、40代が64.9%、50代でも57.9%もの男性が美容に関心が「ある」「少しある」と回答。わずか2年前の調査では、40代で「ある」と積極的な回答をしている人は16.5%だったが、直近の調査では30.2%と2倍近くに急増しているのだ。

『身だしなみがきちんとできていない人に、仕事ができるわけない』

「若い男性にとって、今やスキンケアはすでに日常。やっていないということは、それだけでハンデになってきます」というのは、男性美容研究家で美容コンサルタントの藤村岳さんだ。その背景には、日本でも欧米と同じように、「『身だしなみがきちんとできていない人に仕事ができるわけない』という考え方が広がってきた」(藤村さん)ことが多大に影響している。「男は中身で勝負」「男が外見を意識するなんて軟弱だ」なんて理屈は、もはや遠い過去のもの。外見に最低限の気を配り、身だしなみを整えなければ、その中身すら見てもらえない時代に突入した今、これまで美容に無関心だった男性もその必要性に気づき始めてきた。

藤村岳(ふじむら・がく)
男性美容研究家。1973年、東京生まれ。雑誌・書籍の編集者を経て、男性美容のパイオニア的存在。テレビ・ラジオなどの出演のほか、執筆活動。講演やイベント、化粧品の商品開発、コンサルティングなども行っている。

洗顔を意識するだけで変わる!?

特に屋外で紫外線にさらされる機会の多いゴルファーにとってはスキンケア、ヘアケアはより身近な問題だ。とはいっても、ケアの必要性は感じながらも、メンズコスメという単語をまだ遠くに感じているごく一般的な“おじさん”にとっては、なかなかハードルが高かったりするのも事実……。
「男性の場合はそれほど難しいことをする必要はありません。顔を洗って、保湿をして日焼け止めを塗る──それだけで十分です。みなさん、顔は毎日、洗っているでしょう? その洗顔を意識的に、正しい方法で行うだけで全然違ってきます」
まず大切なのは、自分の生活の中にスキンケアを取り入れていくこと。それがルーティン化されれば、ケアに割く時間はより短縮され、自分の肌の状態を客観的に見ることができるようにもなるという。

オトコの正しい洗顔方法

「洗顔料は水と空気を混ぜて、たっぷり泡を立てるのがポイント。男性はゴシゴシと力まかせに顔をこする人が多いですが、強くこすると肌に必要な皮脂まで落ちてしまいます。また、男性は手の平で顔を洗いがちですが、人差し指、中指、薬指の3本の指の腹だけを使い、泡を転がすようなイメージでやってみてください」
洗顔後は保湿を。水分(化粧水)と油分(クリーム、美容液)を両方塗るのがベターだが、「難しい場合はオールインワンでもいいと思います。やるのとやらないのではまったく違います」。クリームや美容液を塗ることで、ベタつくのが嫌だという男性も多いが、実はこれは大きな勘違い。
「塗らないほうがベタつくんです。男性の肌は、自分が思っている以上に乾燥しているもの。乾燥すると肌は乾燥を回復するために、皮脂を過剰に分泌します。これがベタつきの原因です。化粧水なり、乳液なりでしっかり保湿を行えば、過剰に分泌する必要がなくなり、毛穴の開きの改善も期待できるかもしれません」

シセイドウ メン
クレンジングフォーム

シセイドウ メン クレンジングフォーム

シセイドウ メン クレンジングフォーム

【拡大写真】

「非常に泡立ちが良く、初心者でも簡単に泡が立てられます。その泡がすごくしっかりしているので、洗顔だけでなく、そのままヒゲそりもできてしまうほど」。洗顔後のつっぱり感がなく、化粧水や美容液の浸透の良さも好評だ。きめが細かく、ふわふわの泡は男性にも好評でこれで洗顔にハマったという男性も多い。

シセイドウ メン クレンジングフォーム
130g 2,000円(税抜)


YON-KA YK ローション
KIEHL’S O-E オイルコントロール ジェル

「男性の方はスプレータイプの化粧水が使いやすいと思います。シュっと顔に吹きかけて、手で押さえるのが大事です」。アヴェンヌやユリアージュなど様々なメーカーがスプレータイプを出している。半世紀以上の歴史を誇る、フランスのスキンケアブランド「YON-KA(ヨンカ)」の「YK ローション」は、「柑橘系の香りがしてとてもさわやかです」。

写真左)YON-KA YK ローション
150ml 5,400円(税抜)

KIEHL’S(キールズ)は、1851年にニューヨークで調剤薬局として創業。現在はスキンケアブランドとして、世界中にショップを構える。「キールズのクリームは、さっぱりとして使いやすいですね。7月にはオイルコントロールタイプのものも発売になるのでそちらも注目しています」。7月25日発売の「O-E オイルコントロール ジェル」は、古くから宇宙開発にも使用されてきた「エアロゲル」をスキンケアに応用した成分を用いたジェル。すぐれた皮脂吸収性を持ち、テカりを防ぎ、マットな肌に仕上がる。

写真右)KIEHL’S O-E オイルコントロール ジェル
75mL 3,300円、125mL 4,700円(税抜)

YON-KA  YK ローション

YON-KA YK ローション


  1. 1
    マネー
    2014/08/21

    トップアスリートたちのスイス移住が止まらない…

  2. 2
    ライフスタイル
    2014/11/13

    スマホで『おっ』と思わせる! “プロ撮”テク…

  3. 3
    ライフスタイル
    2014/10/08

    2サムゴルフデートを妄想シミュレーション!

  4. 4
    マネー
    2014/09/18

    ゴルファーのお小遣い“平均値”はいくら?

  5. 5
    カルチャー
    2014/04/09

    【カルチャー】好みのクルマをおすすめしてくれ…

  6. 6
    カルチャー
    2014/07/02

    「そうだ、芝居へいこう」いま観るべき演劇をピ…

  7. 7
    グルメ
    2014/08/14

    “ポストハイボール”と呼ばれるほど、いま「モ…

  8. 8
    IT
    2014/06/10

    知ったかぶりは恥ずかしい!? 4Kテレビの正…

  9. 9
    グルメ
    2014/07/24

    手ぶら&後片付けもお任せ! お気楽BBQへレ…

  10. 10
    グルメ
    2014/07/29

    いま食べるべき『かき氷』はコレだ!