特集

特集2014/04/03更新

飛ばしのルーティン 国内シニア版・第3弾
アドレスに入る前のルーティンに着目するシリーズ企画「飛ばしのルーティン」シニア版の3回目。長い経験のなかで、自分流のスタイルを作り上げたシニアプレーヤーのプリショット・ルーティンを、堀尾研仁コーチがわかりやすく解説! 百戦錬磨の猛者たちを参考に、自分なりのルーティンを見つけてみよう!!

特集2014/03/06更新

飛ばしのルーティン 国内シニア版・第2弾
アドレスに入る前のルーティンに着目するシリーズ企画「飛ばしのルーティーン」。シニアツアーで活躍する名選手にスポットをあてた、国内シニア版の第2弾。今回は常に同じテンポでリズムを崩さず、自分のスイングを確立している5人の名選手が登場! 個性豊かな面々のルーティンを、堀尾コーチが分析する。彼らから、ショットの精度を上げるヒントを学び、飛ばしにつなげるオリジナル・ルーティンを考えよう!!

特集2014/02/20更新

飛ばしのルーティン 国内シニア版・第1弾
アドレスに入る前のプリショット・ルーティンに着目する連載企画が、スタイルGOLDで登場! 今回よりシニア選手たちをピックアップ! 「ルーティンはプレーヤーによって違いがあり、イメージ通りのショットを打つための最重要部分」と語る堀尾研仁プロに解説いただいた。彼らのティグラウンドでの仕草に、ショットの精度を上げるためのヒントが詰まっていた!!

特集2014/01/22更新

トップアマの頭の中を覗いてみよう!パー4に隠された罠と攻略法
18ホール中、パー4ホールは10ホール。パー3、パー5ホールと比べてもっとも数が多いのがミドルホールだ。つまり、パー4を攻略することがスコアメイクのカギを握るともいえる。ティショット、セカンドショットのよくあるシチュエーションを例に、トップアマにコース攻略を解説してもらった。

特集2014/01/08更新

トップアマの頭の中を覗いてみよう!パー5に隠された罠と攻略法
アマチュアゴルファーにとって、パー5はその日のゴルフの流れを作れるホール。たとえティショットをミスしても2打目、3打目でリカバーすればパーをとるチャンスはまだ残されている。パー5をうまく攻略できる方法を実際のコースを例にトップアマの和田貴之さんに教えてもらった。

特集2013/12/19更新

悩めるゴルファーに贈る、名匠たちの“とっておきワンポイント”
アメリカを代表する有名ティーチングプロ(ブッチ・ハーモン、デビット・レットベター、ハンク・ヘイニー)が、悩めるゴルファーにとっておきのワンポイントレッスンを紹介。スイングのリズムを決めるテンポの作り方や、スコアメイクの鍵をにぎるアプローチなど、世界のトッププレーヤーを指導してきた彼らが、シンプルで即実践で使えるゴルフレッスンを紹介します。

ベルビーチゴルフクラブ

特集2013/12/04更新

世界に向けた「スポーツアイランド沖縄」が始動!
沖縄は真冬でも平均気温が17度前後。多くのアスリートが、合宿地として沖縄を選ぶことからもわかるように、アジアはもちろん、世界のなかでも沖縄は有数の「スポーツツーリズム」の地だ。沖縄県は“沖縄21世紀ビジョン基本計画”を掲げており、平成27年には「スポーツコミッション沖縄(仮称)」設立する予定。ゴルファーにとっても、ますます目が離せない“ゴルフ天国”の沖縄をたっぷりとご紹介したい。

特集2013/11/27更新

トップアマの頭の中を覗いてみよう!パー3に隠された罠と攻略法
150ヤードに満たないホールや1番手下げて打てる打ち下ろしホールなど、一見「パーは確実だ!」と思えるパー3。しかし、実際にプレーしてみるとダボやとトリだった…。そんな経験は誰にでもあるはずだ。距離が短いのに大叩きしてしまうのはなぜ? トップアマの和田貴之さんにパー3に隠された罠とマネジメント方法を教えてもらった。

特集2013/11/20更新

アーノルド・パーマーが伝授!
ケイト・アプトンは、将来有望なゴルフ初心者だ。3月にベイヒルで彼女に会った時、彼女は、ゴルフの経験と言えばフロリダで家族とクリスマスにプレーしたくらいと話していた。クリスマスということもあり、真剣にゴルフをしていたわけではなく、友達と一緒に過ごしたかったようだ。そんな彼女も21歳。どうやらゴルフに真剣に取り組むことにしたらしい。最近、私の別のホームクラブであるラトローブ・カントリークラブで彼女に会った時、すぐに彼女は良いゴルファーになると伝えた。グリップが良かったのだ。しっかりと握っているが、両腕がリラックスしている状態だった。ワッグルもとても自然で、最初の素振りもアグレッシブだったのだ。これはとても重要なこと。そして、彼女の目にも可能性を感じた。シャープで注意深いのだ。私は、鋭い目をしていない良い選手には出会ったことがない。良いプレーヤーは、周りのこと全てに気を配っているのだ。

特集2013/11/11更新

いざ、九州ゴルフへ!
九州地方には約260のゴルフ場がある。全国のコースは約2500といわれているから、日本のゴルフ場の中で九州に1割のコースがあることになる。特徴的なのはトーナメント開催コースの多さからも分かるように、クオリティが高いゴルフ場が多いことだ。今シーズンは男女ツアー合わせて7試合ものトーナメントが開催されている。とりわけ、宮崎県では11月を「宮崎ゴルフマンス(リンク)」と題し、県をあげてイベントを行っている。


タカトシごるふぁ~!
壁紙
プレゼント&インフォメーション
ゴルフ旅行