特集

特集2014/03/27更新

[PR]一ノ瀬優希、未体験の静寂と臨場感溢れる音質に感激!
プライベートはもちろん、練習中や試合直前まで音楽を聞いているという一ノ瀬優希。
先週優勝したヨコハマタイヤPRGRレディスカップでも、プレー前に音楽を聞いてリラックスしたことが優勝できた大きな要因だったのではないか。
そんな一ノ瀬プロにBose史上最高の“静寂”を実現したという「QuietComfort 20i」を体感してもらった。

特集2014/03/19更新

プレーヤーを惑わすフェアウェイとグリーンの僅かなアンジュレーション
日本の名コースを紹介する企画「大地の巨匠」。今回は麻倉ゴルフ倶楽部を紹介します。麻倉GCは一般的に「フラットなコース」という印象をもたれている。確かにフラットなフェアウェイだが、実際にプレーしてみると各ホールには微妙なアンジュレーションがあり、この起伏と随所に仕掛けられた罠がプレーヤーを悩ますことになる。

特集2014/02/04更新

トッププロに見る“Tour Wedge”
トッププロたちのウェッジを見ると、その形状からプレーヤーのこだわりが伝わってくる。1本として同じモノは存在しない。ある程度は型となるベースの形状はあるが、“ウェッジは削って使うモノ”という認識で、トップブレードやネックの具合、そしてソール形状を削って「One of one」のツアーウェッジとしてトーナメントで使用されているのだ。
自分がどのように打ちたいのか。そのクラブに何を求めるかでウェッジの形状は決まってくる。バウンスを効かせたいのか、あまり効かせずにスイープに打ちたいのか。バウンス角だけでは表現できない感覚の差を埋めるために、削りを入れる。そして、開いたときの座りは、リーディングエッジが浮くのが好みか、地面にピタッと吸い付くのが好きなのか。ネックはストレートかグースか。リーディングエッジはストレートか丸型の出っ歯か。それぞれ、もちろんその度合いはプレーヤーの好みで違ってくる。

特集2013/10/17更新

猛者たちのセッティング考
日本最高峰のアマチュア大会、“日本アマチュアゴルフ選手権競技”。下は、小学生や中学生。上は60代という年齢に制限の無い、日本のアマチュアナンバー1を決める大会だ。とはいえ、学生たちの台頭もあり、この大会の出場者は年々若年齢化している。2013年の出場者平均年齢は24歳。50歳以上で出場しているのはわずかに8名。飛距離や体力で劣りながらも、技術と経験でアマチュアゴルフの最前線に立つ6名のクラブセッティングを紹介する。その誰よりも己を知り、考え抜かれたセッティングを参考にしてほしい。

特集2013/10/02更新

こだわりのシャフト
こだわりのゴルファーであれば、もちろんシャフトにこだわりたいもの。その時代時代に活躍したトッププレイヤーが使用しているシャフトは、こだわりのゴルファーにとっても気になる存在。

特集2013/09/19更新

プレミアムパターの変遷
古くはTPミルズから始まり、ジョージ・ロー、IMG5、8802、スコッツデール、キャメロンといつの時代もトッププレイヤーが使い、こだわりのゴルファーが追い求めるプレミアムパターが存在する。世界中を見渡しても、多くても存在するのは数十本。感性を求められるパターだからこそ、こだわり抜いたパターを使いたい。クラシックパターから、現在のプレミアムパターまで、プレミアムパターの変遷を紐解く。ここで、自身のスタイルに合ったプレミアムパターを見つけてもらいたい。それはきっと一生手放せない逸品となるはずだ。

特集2013/09/05更新

黄金の14本を探す旅 ~番外編パートⅢ~
シニアツアーで実績のあるプロにその強さの秘密を探るべく、クラブセッティングのこだわりを聞き出すシリーズ第3弾。今回はまさに“強きシニアプロ”ということで、昨年2012年シーズンと一昨年2011年シーズンそれぞれの賞金王が登場! 尾崎直道、金鍾徳、奥田靖己の3賢人プロが導き出す14本の答えに、アマチュアゴルファーが参考にするべきスコアアップの鍵が隠されていた!!

特集2013/08/16更新

黄金の14本を探す旅 ~番外編パートⅡ~
『黄金の14本を探す旅』シリーズの番外編・シニアツアープロ編も、今回が2回目。レギュラーツアーで実績を上げ、いまもなおシニアの舞台で変わらぬ強さを見せるトッププロたちが、どんなクラブセッティングをしているのか? そこにどのようなこだわりを持っているのか? 彼らの強さの秘密を、14本のセレクトから紐解いていく。


タカトシごるふぁ~!
壁紙
プレゼント&インフォメーション
ゴルフ旅行