DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

試乗レポート

ジャガー「Fペイス」SUVとは思えないほどスポーティな走り

今回紹介するクルマはジャガー「Fペイス」。見た目はSUVだが、挙動はSUVとは思えないほどスポーティで、ステアリングはクイック。足まわりは明らかにオンロード優先。コーナーでは外側のサスペンションがしっかりと踏ん張り、安定した姿勢のままワインディングロードを駆け抜けることができる。Fペイスは実用性を大幅に向上させたスポーティーサルーンで、一台ですべてを満たすことを求められる都市部の趣味人にとってはありがたい存在だ。走行距離が多く経済性を重視する人にはディーゼルを、パフォーマンスを優先する人にはガソリンがおススメ。

先般、ジャガーFペイスでロングツーリングする機会を得た。Fペイスはこれまでスポーツカー、サルーンおよびステーションワゴンのみをつくってきたジャガーが初めて開発したSUVだ。ただ、初めてとはいうものの、ジャガーは現在SUV専業メーカーのランドローバーと同じグループに属する。このため、グループ内にSUVのノウハウはイヤというほどあるはずだ。問題は、人気のSUVをラインナップすることで、利益は上がるだろうが、ジャガーの創業以来のスポーティーなブランドイメージが曖昧になってしまう可能性があることだ。ジャガー・ランドローバーがジャガー・ブランドでSUVを出す意味があるのか……。2013年秋にコンセプトカーのC-X17が出てから、ちょうど2年後の15年秋にFペイスという車名の市販バージョンが発表されるまで、実に多くのジャガーファンがやきもきしながら注視していた。

日本で発売されたのは16年の初め。実際に見たFペイスは想像するより少しコンパクトだった。全長4740mm、全幅1935mm、全高1665mmというサイズは、日本車でいうと、マツダCX-5よりもひとまわり大きく、レクサスRXとほぼ同じ大きさ。これよりも大きいと、迫力は増し、荷物はたくさん入るかもしれないが、狭い道路などでの運転に気を使うようになる。Fペイスのサイズは見た目の迫力と運転しやすさがバランスされたちょうどよいサイズだと思う。

切れ長のヘッドランプに大きなメッシュのラジエターグリルの組み合わせは、ジャガーのサルーン各モデルとファミリーであることを強く意識させるデザインだ。このフロントマスクをひと目見れば、だれでもジャガーと気付くだろう。リアコンビランプのデザインも他のモデルに似ている。そしてSUVとしてはショルダーラインが高く、その分ウインドウグラフィック(サイドウインドウの面積)が小さい。端的に言えば、ジャガーのサルーンがそのまま背だけ高くなったようなデザインだ。

Fペイスには3種類のパワートレーンが設定される。ガソリンエンジンが2種類。どちらも同じ3リッターV6スーパーチャージャーだが、チューニングが異なり、最高出力が340psのバージョンと380psのバージョンがある。それから2リッター直4ターボのディーゼルエンジンがあり、こちらは最高出力180ps。今回試乗したのは340psバージョンのガソリンV6エンジンを搭載したR。849万円のグレードだ。

  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  3. 3
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  4. 4
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  5. 5
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  6. 6
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  7. 7
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  8. 8
    DRIVE
    2015/04/23

    人気SUV中古車編~キャディバッグ、入るか入…

  9. 9
    DRIVE
    2015/06/11

    男子プロゴルファーのクルマ 第1弾

  10. 10
    DRIVE
    2014/04/24

    メルセデス、ジャガー、他~キャディバッグ、入…