DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

試乗レポート

大幅パワーアップした「488 スパイダー」

リアに回ってエンジンフードを開ける。ヘッドが赤く結晶塗装されたエンジンが見えるのだが、地面に置いたのかというくらいに低く、なおかつ車体中央に近い位置にあることに驚かされる。エンジンがこんなに低く置かれた乗用車をほかに見たことがない。自動車パーツの中で最も大きく重いエンジンは、挙動やパフォーマンスを考えればなるべく車体中央の低い位置に置くのが理想だが、さまざまな制約から車体前方の高い位置に置かざるを得ないクルマがほとんどだ。だが、フェラーリは乗員2人が過ごすスペースさえ確保すれば、あとは走り優先のレイアウトが許されるのだ。

先代の458が4.5リッターV8自然吸気エンジンを搭載していたのに対し(だから車名が458)、488に搭載されるのは3.9リッターV8ターボエンジンだ。488の車名は1気筒当たりの排気量からきている。フェラーリはモデルチェンジの度に排気量を増加させてきた。ここへきて減少したのはフェラーリがひよったわけではなく、ターボエンジンを採用し、最適な排気量を選んだのだ。ターボエンジンを選んだのは、最新の技術では、ターボのほうがハイパワーを実現するためにも、燃費を向上させるためにも、排ガスをよりクリーンにするためにも有利だから。マッスルバックだって打ちやすいに越したことはないのと同じで、スーパーカーでも排ガスがクリーンで燃費がよいに越したことはない。

新エンジンは最高出力670ps/8000rpm、最大トルク76.5kgm/3000rpmと、458よりも大幅パワーアップを果たした。パワーが十分なのは言うまでもないが、このエンジンのトップエンドの性能を味わうことができる公道はこの国にはない。ただし、カミソリのように鋭いレスポンスは運転する度、特に飛ばさずとも堪能することができる。アクセルペダルに載せた右足のほんのわずかな動きにも正確に反応するのだ。ターボエンジンは構造上ターボラグ(反応遅れ)がどうしても存在し、絶対的パワーに優れるものの、レスポンスは、よくできた自然吸気エンジンに劣るというのが一般論だが、488スパイダーを走らせる限り、ターボラグはあまりに軽微で体感できない。

  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  3. 3
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  4. 4
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  5. 5
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  6. 6
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  7. 7
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  8. 8
    DRIVE
    2015/06/25

    女子プロゴルファーのクルマ 第3弾

  9. 9
    DRIVE
    2015/06/11

    男子プロゴルファーのクルマ 第1弾

  10. 10
    DRIVE
    2015/04/23

    人気SUV中古車編~キャディバッグ、入るか入…