DRIVEゴルファーをさまざまなシーンでサポートするクルマの魅力をご紹介

試乗レポート

フェラーリ「488 スパイダー」

今回はイタリアンスポーツカーのフェラーリ「488 スパイダー」を紹介したい。フェラーリといえば自然吸気エンジンで、大音量の甲高く澄み切った音がお決まりだったが、ターボエンジンを採用した488 スパイダーは低く、野太い音を立てる。この排気音の変化を嘆くフェラーリファンもいるかもしれない。このクルマでゴルフに行くことを想像しようにも、うまく想像できないかもしれないが、行き帰りの運転が楽しいと思え、引き締まったボディからは想像もつかないほど、快適でしなやかな乗り心地を約束してくれるクルマであることは間違いないようだ。

文/塩見 智 写真/篠原 晃一 取材協力:グリッサンドゴルフクラブ

青空を思わせる「ブルーコルサ」というボディカラーに塗装されたフェラーリ 488 スパイダーを石造りのクラブハウス前に止める。イタリア人はオープンカーのことを“地を這うように低い”という理由から「スパイダー(蜘蛛)」と呼ぶ。ルーフを格納した488の姿はロー&ワイドで、まさにスパイダーだ。先代の458に続き、ソフトトップではなくリトラクタブルハードトップが採用された。クローズド状態から車内のスイッチを押すと、ルーフが乗員の背後を軸に180度反転し、エンジンの上に格納される。

説明不要のイタリアンスポーツカーメーカー、フェラーリは、ラインナップのすべてがスポーツカーという稀有なメーカーだが、このメーカーだけは、世の中で人気があり、売れば儲かるからといってSUVをラインナップしていないし、その予定も噂もない。飛び系アイアン真っ盛りの現代において軟鉄鍛造の小顔マッスルバック・アイアンしかつくらない頑固なゴルフギア・ブランドのようなものか。

抑揚あるスタイリングは「何をやってもいい」と言われたデザイナーが、美しさだけを優先して好き放題に削ったり盛ったりしたように見えるが、実際にはエアロダイナミクスをとことん追求した理詰めデザインだ。ボンネットフードの前端両脇がくぼんでいるのも、ボディサイドに大きなエアインテーク(空気取り入れ口)が開いているのも、リアの下の方に巨大なディフューザー(整流板)が付いているのも、すべては空気をできるだけ抵抗なく流して空気抵抗を減らしたり、ラジエターやインタークーラーに効率よく風を当てたり、ボディそのものを地面に押し付けたりするため。いわば究極の機能美だ。

  1. 1
    DRIVE
    2015/09/24

    キャディバッグ4個積めるクルマ特集

  2. 2
    DRIVE
    2014/05/27

    BMW、VW、ボルボ、他~キャディバッグ、入…

  3. 3
    DRIVE
    2015/08/27

    マツダ車フルラインナップ~キャディバッグ、入…

  4. 4
    DRIVE
    2014/06/11

    日産自動車編~キャディバッグ、入るか入らない…

  5. 5
    DRIVE
    2014/10/21

    キャディバッグ、入るか入らないか、真横か斜め…

  6. 6
    DRIVE
    2015/10/15

    スバル車キャディバッグ検証 第12弾

  7. 7
    DRIVE
    2014/06/24

    トヨタ編~キャディバッグ、入るか入らないか、…

  8. 8
    DRIVE
    2015/04/23

    人気SUV中古車編~キャディバッグ、入るか入…

  9. 9
    DRIVE
    2014/12/18

    アウディ、ポルシェ中古車編~キャディバッグ、…

  10. 10
    DRIVE
    2014/04/24

    メルセデス、ジャガー、他~キャディバッグ、入…